金属アレルギー 看護師 求人 大阪

最強のパスコードを作成してiPhoneを守れ! キーワードは「特殊文字」

passcode-ios_convert_20130125223915.jpg
(photo:ubergizmo.com)

iPhoneの個人情報を守る手段として最も簡単で効果の高い物にパスコードロックが挙げられますが、意外と実行されて無いケースを多く見かけます。実際に使っている人でも、自分の誕生日だとか結婚記念日だとか、5秒で看破されそうなものばかり。

より安全なパスワードの条件とは、長く連想されにくい文字列と言われていますが、あまりに長いパスコードは入力がダルいし、連想されにくい文字列は設定した本人が忘れてしまいそう。結果そのまま放置というのが実態でしょうか。

OSX Dailyが簡単に強固なiPhoneのパスコードを作るヒントを記事にしていたので紹介したいと思います。



まずは「簡単なパスコード」をOFF

fc2blog_20130125203608e1b.jpg


デフォルト状態でのiPhoneのパスコードは数字4文字しか設定出来ません。これでは開けて下さいと言ってるようなもの。まずは設定で「簡単なパスコード」をOFFにしましょう。


特殊文字を有効活用

fc2blog_201301252046265e1.jpg


次にパスコードを決めるわけですが、出来る事なら覚えやすい物にしたい。そうなると候補に上がるのが「特定のキーワード+数字」というパターン。例えば「gajet1111」という感じ。これなら数字+アルファベットという組み合わせで一見安全そうに見えますが、油断は禁物。

そこで利用したいのがアルファベットの特殊文字です。

[iPhoneの小ワザ]Vol.5 キーボード長押しで入力がちょっと便利に! - 産経アプリスタ


アルファベットならば「a、i、u、e、o、c、l、s、y、z」 をキーボード上で長押しすると、特殊文字候補がポップアップします。これを今使っているパスコードに割り当ててしまうのです。



実際に先程のパスコード「gajet1111」特殊文字を1文字だけ入れると以下のようになります。

gàjet1111


2文字を入れ替えると

gàjët1111


こうすればパスコードの堅牢性は飛躍的に向上します。


もちろん100%安全なパスコードは存在しませんが、上記2点を活用すれば安全かつ管理しやすいパスコードの生成が可能です。あなたのiPhoneと個人情報を守る事が出来るのはあなただけ。ぜひお試し下さい。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.01.30 07:01 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...