金属アレルギー 看護師 求人 大阪

全てはここから始まった。iPhone/iPadの初期プロトタイプがAppleの元社員より公開される

fc2blog_20130312161805506.jpg

Ars TechnicaはiPhoneの初期のプロトタイプと見られる画像を公開しています。

今回リークされた画像は2005年初頭に作られたプロトタイプと見られ、当時Appleのハードウェア部門に従事していた社員からのリークのようです。


fc2blog_201303121616584d2.jpg





fc2blog_2013031216174094b.jpg

ディスプレイは5インチ×7インチと大きく、厚さは5cm以上もあります。また下部にはUSBポートやイーサネット、そしてシリアルポート等が確認出来ます。これらの接続ポートが現在のドック形式への集約至るまでは、Apple内で様々な紆余曲折があったんでしょうね。





fc2blog_20130312161721e56.jpg


Socはサムスン製のS3C2410に類似しており、200~233MHzで動作します。これは初期のiPhone 3Gの親戚のような物だとArs Techncaは述べており、このデバイスがiPhoneのプロトタイプであった事をうかがわせます。


fc2blog_201303121617067b0.jpg


そしてこの事からAppleはかなり早い段階でiPhoneの設計にサムスンのSocを想定していた事が分かります。サムスンはAppleとの法廷闘争の中で「我々がいなければiPhoneが生まれてくる事はなかった」と主張していましたが、それも満更ウソではなかったわけです。


このプロトタイプはiPhone OS(iOS)ではなくMac OS Xが動作しており、初めて見た時はかなり興奮したと元社員は述べています。

iPhoneやiPadのプロトタイプの画像はサムスンとの法廷闘争の中でいくつか公開されていましたが、ここまで初期の物のリークは私の記憶では今回が初めてだと思います。

ここからiPhone、そしてiPadというプロダクトが生み出されたわけですから、言わばiOSデバイスのお母さん的な存在だと考えると感慨深い物がありますね。とりあえす手を合わせておこう。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...