金属アレルギー 看護師 求人 大阪

落雷で失ってしまったその両手に、iPhoneは魔法をかけた

fc2blog_20130415230921a36.jpg

アメリカに住むジェイソン・コーガーさんは運転中に不幸にも落雷の被害に合い、推定7200Vという超高圧の電流が体の上半身に流れました。

九死に一生を得たジェイソンさんでしたが、焼け付いた両手は切断する他なく、失意の日々を送っていました。そんなある日、ジェイソンさんは医師の勧めである特殊な義肢を使用してみる事に。



i-Limbと名付けられたその電子義肢は5本の指でそれぞれ独立した駆動が可能であり、またその名の通りiPhoneアプリによってそれぞれの指の方向やトルクを制御する事が可能です。また物を掴んだ時に滑り落ちたり握り潰したりしないように自動的に制御する機能もあり、一般的な義肢では不可能だった複雑な作業をこなす事も可能になっているようです。

ジェイソンさんが実際にi-Limbを使っている動画を見てみると、その凄さが実感できます。

しかしこのi-Limbも未だ発展途上の製品であり、グリップパターンをカスタマイズするには事前にアプリに登録する必要があります。また防水機能がない為に、日常生活での利用に大きく制限があるようです。しかしジェイソンさんは以下のように述べています。

(i-Limbは)まだまだ完全ではないが、これのおかげで私は5年ぶりに娘の手を握る事が出来た。この魔法の手で私は社会に積極的に参加出来るようになる事を実感している。これからは同じ様な体験をしている人達にもこの事を伝えたい。


不純な動機でも盛り上がって欲しい

この製品・技術によって身体に障害を抱えた人がこれまで諦めかけていた仕事や趣味を実現出来るようになるのは本当に素晴らしい事ですし、何よりそこには大きな需要があると私は考えます。ケガや病気は万人に等しくあるリスクなわけですから。ぜひ盛り上がって欲しい分野ですね。

日本もCool Japanとかわけのわからない事に500億円も使うなら、こういう技術開発に国を挙げて取り組めばいいのに。攻めの福祉国家って最高にCoolだと思うんだけどな。

お時間があれば、最新の技術の一つである3Dプリンターが両手を失った2歳のエマちゃんとお母さんを救ったエピソード記事も併せてご覧下さい。

3Dプリンタが2歳の少女にもたらした未来 [ ガジェットさん家 ]

(VIA:Gizmodo)


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...