金属アレルギー 看護師 求人 大阪

やっぱり未来のスマートフォンは、身体に直接埋め込まれるのですね

fc2blog_201306021726575c9.jpg

Google Glassなんてほんの入り口だったのか。

Telegraphは大手携帯メーカーのノキアが、スマートフォンやパソコンといったモバイルデバイスにログインする為に必要な情報を皮膚に埋め込むウェアラブル技術を発表したと伝えています。



既にアメリカ等で性犯罪者にGPSチップを埋め込むというケースがありますが、今回ノキアの提案する技術は埋め込んだチップ自体に電子回路が内蔵されており、一定の処理が出来るという点が異なります。つまりこれは後から情報の更新が可能だというわけ。情報を更新するたびにチップを交換する必要が無いのは実用的ですね。

またノキアは昨年にもスマートフォンの着信を知らせるタトゥーといったものも披露しており、ウェアラブル技術に並々ならぬ執着をみせています。

Nokia’s ‘magnetic tattoos’ could tell you your phone is ringing - Telegraph

将来的には胃酸や血液といった生体から必要なエネルギーを取得して変換し、バッテリー不要で半永久的に動作する事を目指しているんだとか。なんかすげーな。


病気の早期発見はアプリで!?

今回発表された技術は様々な分野で応用が可能でしょうか、我々に直接影響を与えるのはやはり健康管理の分野だと思われます。

例えばこのチップを通じてユーザーの脈拍や血液成分をスマートフォンに送る事が出来れば、リアルタイムで健康状態を管理する事が可能。まさに究極のライフログ。医者から診断される前にiPhoneのアプリから身体の不調のお知らせが通知される時代は、すぐそこに来ているのかもしれません。

ただ通知センターに「ガジェ男さんの余命はあと30日です」なんていきなり表示されたらショックが大きいので、その辺はオブラート的にお願いします。。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...