金属アレルギー 看護師 求人 大阪

次期iPhoneは持ってるだけ健康になれる!?(※個人差があります)

fc2blog_201402032326525ba.jpg

昨今の健康志向の拡がりが、ついにiPhoneにも押し寄せてきたようです。

Business InsiderはAppleが開発中の次期iPhone及びiWatchにおいて、ユーザーの健康を管理する機能「Health Book」を展開するという予測記事をリリースしております。



Business Insider

実際にAppleは各種センサーをトリガーとした健康管理機能について熱心に特許申請を行ってきた経緯もあり、高齢者のiPhoneユーザーが増えていくであろう今後を想像すると、各種センサーのライフログを活用した健康管理アプリのリリースはタイミングとしては今が絶妙なのかもしれません。


究極のライフログツールか個人情報ATMか

これまでも心拍数を管理したり万歩計の機能を有したアプリは存在しましたが、人気アプリとまでいきませんでした。しかしAppleが健康管理アプリをネイティブで作成しOSレベルで連携させると話が変わります。

例えば血圧や心拍数のログがApple ID に紐付けられれば、正常値から大きくかけ離れた場合に注意勧告のダイアログとともに登録されたiPhoneのGPSで現在地から近い病院が検索され通報が行くとか。お年寄りの場合だと、いつもの散歩ルートから大きく外れたり一定時間以上動きがない時は家族にメールがいくとか。

プライバシー面のハードルは相当に高そうですが、NIKEのFuelBandのようなウェアラブルデバイスでライフログを取りクラウドで管理する事も一般的になりつつある昨今であれば、意外とすんなり受け入れられるかも。そもそも全てをAppleに捧げる真のApple信徒であれば、まず問題はないはず。

さぁ、みんな。

身(主に体調に関わる個人情報)も心(訪問先のGPSログや物品の購入履歴)もAppleに委ねる準備はいいかい?


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...