金属アレルギー 看護師 求人 大阪

ジョブズがAndroidへの危機感を丸出しにした当時のメールが話題に 「Googleとの聖戦に備えよ」

fc2blog_2014040421354799c.jpg

Appleも決して横綱相撲ではなかったんですね。

Appleとサムスンは意匠権の侵害等で現在進行形で係争中ですが、サムスン側の弁護士がその法廷で提出した資料の一つが非常に興味深いとTUAWが報じています。



その資料にはジョブズが幹部宛に送ったメールが含まれていました。その題名がなんとも衝撃的でして。

「2011年 Googleとの聖戦」

Steve Jobs email: "2011: Holy War with Google" - TUAW

2011年と言えば、サムスンがリリースしたGalaxyシリーズが大きな反響を獲得し始めた時期と重なります。取りに足らないコピー品とタカをくくっていたAndroidが、低価格を武器に市場を席巻し始めた事にジョブズが焦りを感じた当時の様子を垣間見る事ができます。


iPhoneの進化の影あったもの

コアなiPhoneユーザーにとってのAndroidとは「iPhoneを真似た製品」であり、特にサムスンに対してはジョブズ同様に特別な黒い感情を抱く人も少なくないかもしれません。しかし個人的には、今のiPhoneはAndroid無しでは存在し得ないと考えています。(もちろん逆もまた然りですが)

スマートフォンにおけるコピペやマルチタスクは当初Androidの専売特許でしたし、初期のiOS(iPhone OS)ではAndroidのように壁紙を自由に変えることすら出来ませんでした。現に上記メールの中でも、ジョブズはiPhoneがAndroidより劣る機能として「通知、テザリング、音声」等を挙げており、その後のiPhoneシリーズを振り返ってみると、その辺りを対策・強化してきた事をうかがわせます。

リリースの経緯や意匠権の侵害といった問題は山積みであるにせよ、結果的にiPhoneとAndroidが市場で切磋琢磨する事は我々ユーザーにとってプラスに働く面が多いのではないかと私は思います。長くiPhoneを利用していますが、Androidの後追いで追加された機能によって、ようやくiPhoneが完成したという印象を私は持っています。

動物的勘ともいえる洞察力でジョブズが感じとったAndroidへの危機感は、今現在の巨大なスマートフォン市場を形成するきっかけとなったのかもしれないですね。

コピペ、マルチタスクはあえて装備しなかっただけ

>Androidの後追いで追加された機能によって、ようやくiPhoneが完成したという印象を私は持っています

このような印象があるのかもしれませんが、AndroidとiPhoneは何を重要視しているかが違っているので自ずと機能も違ってくるのです。コピペはセキュリティーが低下するため、マルチタスクは電池消耗を最小限にする為ならびにウイルスがバックグラウンドで働かないためにAppleはあえて採用しなかったのです。むやみにCPUのクッロク数を引き上げたり、カメラの画素数を上げてこないのと同じで、その絶妙なバランスを考えて製品作りをしている背景があることをお忘れなく。
制約は少ないがセキュリティーのあまい製品か制約は多いがセキュリティーのしっかりした製品かどちらがいいかは意見の分かれるところですが。

2014.04.05 06:48 SS #8K0nC95k URL[EDIT]
後から明らかになる真実が、曖昧な知識を補完する

当初から、冷静な目線で状況を理解していた人(つまり、感情優先でAppleやiPhoneが好きというよりは、テクノロジー全般に興味がある人)には、分かっていたことですよね。

ただ、圧倒的にiPhone優勢の中で、Jobsのプロパガンダに頭の中を占領された連中が多勢を占める中、肩身の狭い思いを随分させられましたけど...

2014.04.05 08:15 田中宏和 #4QSd9I36 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

管理人の承認後に表示されます

2014.04.05 23:50



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...