金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhoneの大型化で難民状態になる人達

fc2blog_201409101910385e8.jpg


新型iPhoneがついに発表されました。

Apple - iPhone 6

NFCの内蔵や高速Wi-Fiサポートといったいくつかの変更点がありましたが、最も大きなトピックは画面の大型化に他ならないでしょう。特にiPhone 6 Plusに関しては5.5インチとiPad mini(7インチ)迫る勢い。iPhoneでゲームアプリや動画視聴を日常的に楽しむ層にとっては喜ばしい進化となりそうですか、中には陰でひっそり泣いている人達も。

そんなiPhone大型化で消え去るであろう悲しい一派をご紹介しましょう。



片手操作派

fc2blog_2014091016421437b.jpg

ガラケー時代から根強い勢力を誇る「片手操作派」は今回のiPhoneのリリースにより、大きな選択を迫られる事になるでしょう。これはiPhone 5リリース前にも指摘されていたのですが4インチ超のタッチパネルの場合、片手操作だと四隅をタッチしづらいというデメリットが発生します。

ぶっちゃけ『iPhone 6 Plus』の使い勝手ってどうなの? 端っこまで指が届くのか気になるでしょ – ガジェット通信

アプリのUIによっては戻るアイコンが上部左隅(あるいは右隅)に設置されてる事も多く、片手で操作を完結する事が厳しくなるようです。



ポケットに収納派

fc2blog_20140910190459de3.jpg

外出時に手ぶらな事が多い男子にとって、ズボンのポケットはiPhoneを収納する格好のスペース。しかし今回のiPhoneの大型化によって、スボンによっては収まりきれなくなりケースが増える事が予想されます。iPhoneの為にカバンを持つのもなんだかなぁ。



ランニングアプリ利用派

iphone-running-band.jpg

意識高い系のiPhoneユーザーは毎日のランニングを欠かしません。iPhoneではランニングをサポートするアプリが充実しており、アームバンドを使って効果的なランニングを実施する人も少なくないでしょう。今回の新型iPhoneはここにも影響を与えます。

アームバンド自体の買い替えが必要なのは当然ですが、今までより大きなiPhoneを腕にぶら下げる事になるという事実は、あまり歓迎すべき事ではないでしょう。現行のiPhoneですら腕を振るのに少し邪魔になる事がある事を考えると、現実的にはアームバンドの利用は難しくなるかもしれません。( 特にiPhone 6 Plusは)



ライフスタイルをマジョリティに合わせるしかないのか

以前の記事でも述べましたが、スマートフォンの大型化を望む声は世界的に主流を占めています。既にAndroidではその流れが顕著に現れていましたが、ついにiPhoneもそれに身を投じた形となります。中には「手が小さいので大型化は困るよ」という声もあるようですが、大勢の前にはその意見も風前の灯といった所でしょうか。

先に述べたような使い方をするiPhoneユーザーにとって、かなり面倒な事になりそうですが、リーディングカンパニーであるAppleがこの決断をした以上慣れていくしかないのでしょう。マイノリティとしては残念なことですが。

さて、iPhone 5Sを確保しに出かけるか。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.09.11 11:34 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...