金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPadの脱獄アプリは慎重に選びましょう

ipad_jailbreak.jpg

spiritの登場により、iPhone3GSのみならずiPadも脱獄可能となりました。早速iPadの脱獄を試みた先人より、アプリの相性や不具合報告が入ってきました。中には致命的な不具合を起こす物も含まれており、しっかりと確認してインストールする事が重要です。
早速チェックしていきましょう。


※あくまでも現時点での動作確認です。OSのバージョンや、製造ロットにより異なる可能性があります。


【動作確認の取れているアプリ】
・Activator
・afc2add
・AptBackup
・Backgrounder
・Categorise
・iFile
・Memtool
・Rock 
・SBSettings
・Winterboard

【一部不具合が出るアプリ】
・kirikae
・Mobile Terminal
・OpenSSH
・Orbit
・Overboard
・ProSwitcher
 
【重大な不具合を起こすアプリ】
・Wi-Fi sync(不明なエラーが起こり、同期が失敗する。その後復元を行うと、プログレスバーが途中で止まり完了しない。)

特にWi-Fi syncの不具合は、下手するとiPadを文鎮ならぬただの板にしかねない危険な物であり、注意が必要です。(詳しくはコチラ リンク
不具合の起きているアプリに共通して言える事は「アプリ開発者がiPadでの動作確認をしていない」為に起こっているのでしょう。
脱獄アプリやソフト開発者が得る物は名誉であり、収入にはほとんど結びついていないようです。よって、おいそれとiPadだ次世代iPhoneだと買うお金が無い人も多いようです。(現にblack ra1nで有名なgeohotですら、デバック用のiPhoneやtouchのカンパを募ってたぐらいですから)

とはいえ、自ら進んでデバッカーになって苦労する必要はないですよね。iPadのアプリ選びは慎重に。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...