金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhone 4、Nokia、Android、Palmのマルチタスク比較(動画)

multitasking.jpg

iOS4からiPhoneにもマルチタスク機能が採用となったわけですが、スマートフォン業界ではかなり遅い対応でした。
ライバル会社は既にマルチタスクを導入しており、これでようやく主要スマートフォン全てにマルチタスクが利用可能となったわけです。
先輩達に敬意を払いつつ、操作の違い等を見ていきましょう。



iPhone4(iOS4)
・ホームボタンをダブルクリックでタスク一覧を呼び出し
・閉じられたアプリは「休止状態」で待機。メモリやバッテリーの消費は少ない
・常にアクティブにするには、アプリ側の対応が必要(ネイティブアプリは対応済み)
・メモリ管理とそれに伴うタスクのON-OFFはOS側で行う(手動で切る事も可能)





Nokia N900(SymbianOS)
・メニュー長押しでアプリランチャーを呼び出す
・バックグラウンドに回ったアプリは休止状態となる
・メモリ管理やアプリのON-OFFはユーザー側で行う





NEXUS ONE(Android2.1)
・バックグラウンドでタスクをアクティブにしておく事が可能
・メモリ管理とそれに伴うタスクのON-OFFはOS側で行う(手動で切る事も可能)
・マルチタスクを実装するにはアプリ側での対応が必要だが、要求水準は高め





PlamPre(WebOS)
・safariのタブのようなカードでタスクを表示
・メモリが許容量を超えると新たなタスクを起動出来なくなる。(その際は手動でアプリを終了する必要がある。)





iOS4とAndroidは後発組という事もあり、洗練されている印象を受けますね。今後マルチタスクは、スペックがボトムアップしてきたスマートフォンにとっては必須の機能となるのは間違いなく、より使いやすく直観的なUIへと進化してく事でしょう。楽しみですね。




オマケ

ドコモSO906i



管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...