金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhoneのSIMロックフリー包囲網

talking_sim.jpg

ドコモ3G網のMVNO業者である日本通信は、音声通信付きのSIMカード「talkingSIM」を7月30日より発売すると発表しました。



ポストペイ(後払い)方式で月額3,960円。提供エリアはドコモのFOMAエリアに準拠し、通信速度は上り下りともに300kbps。
音声通話については1,050円(25分)の無料通話が含まれており、超過分は21円/30秒の通話料がかかります。

通信速度に目をつぶれば非常にリーズナブルな料金プランですが、このサービスの最大の売りはSIMロックフリー端末に対応していると謳っている所。
動作確認端末の一覧には「iPhone3GS(SIMロックフリー)」とあり、iPhoneを実質ドコモのエリアで使えるようになると喧伝しているわけです。

しかし現状、ソフトバンクが提供するiPhoneのSIMはキャリアロックされています。このSIMでiPhoneを使うには、脱獄してUnlockするか、香港版などのSIMフリーiPhoneを使うしかないわけで、どちらもAppleJapanの保証外となり一般ユーザー向けではありません。(そもそも上記のような使い方をするようなガジェットマニアは、既にドコモSIMでiPhoneを使っているでしょう。)

要するに日本通信はソフトバンクに対して「SIMカードのみの販売を始めるから、iPhoneのSIMロックを解除しろ」と言ってるわけです。




【ドコモ+α=2】

ドコモに加えて日本通信の2社が、ソフトバンクのiPhoneにSIMロック解除を要求する形となったわけですが、この流れはどうにもキナ臭い。
そもそも日本通信のサービスはドコモからのホールセール型であり、値決めの最終決定権はドコモにあるはず。SIMロックフリーを表明したドコモにとって都合の良いサービスだったからこそ、日本通信に破格の条件を提示したのでは?と考えるのは私だけでしょうか。

いつのまにか「2社」から責め立てられる立場となったソフトバンク。
加えて、MMD総研が行ったアンケートでもiPhoneの不満点のトップは「使えるエリアが狭い」だったそうです。

SIM フリー議論においてソフトバンクが、少し厳しい立場になってきましたね。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...