金属アレルギー 看護師 求人 大阪

”office for iPad”のリリースに抵抗を続けるMicroSoft

officeipad380.jpg
(画像はMacLifeより引用)


「会社のパソコンはwindows一択」という風潮は終わりを告げ、オフィスでMac製品を見かける事も珍しくなくなりました。

製品の受発注を管理するような基幹系システムだと開発費の面からどうしてもwinオンリーになってしまいますが、通常業務であれば「officeさえ使えればMacで問題ない」という人が多くなってきたのが現状ではないでしょうか。
そういった意味でもMac向けのofficeスィートはMicroSoftにとってますます重要になってくるでしょう。

しかしiPadを始めとするタブレット向けのoffice製品をリリースする事に対して、MicroSoftは抵抗を続けています。

2台目需要の座をネットブックから完全に奪取し、今後大きく成長性が見込めるiPadやAndroidタブレットに攻勢をかけない理由とは何なのでしょうか。



officeによる囲い込み

考えられる理由は一つ。
これから出ると言われるwindowsタブレットの目玉にしたいという思惑があるのでしょう。

PC向けOSが頭打ちし、ブラウザシェアもFireFoxやGoogleChromeの登場で大きく落ち込み、モバイル分野ではもはやiPhoneやAndroidの草刈り場と化している始末。
この鳴かず飛ばずの状況で、タブレットPCに賭けるMicroSoftの意気込みが並々ならぬ物である事は想像に難くありません。
この千載一遇の需要に対して、MicroSoftが持つ最大の武器であるofficeシリーズで市場を抑えたいと考えるのは当然の事かもしれません。

しかしこの戦略、果たしてどれ程の効果があるのでしょうか。

ビジネスシーンにおいてMicroSoft-officeがデファクトスタンダードである事は紛れもない事実です。しかしタブレット市場はiPadの登場により、そのニーズを多様化させました。
本や漫画、ゲームやインターネット、TVや映画を簡単に、携帯より大きな画面で楽しめる。そんなタブレットデバイスがあるという事を知ったユーザーが、officeを外出先で使うという、ノートブックの延長線上にありながら、操作性の劣るwindowsタブレットを選択するのかと言えば甚だ疑問です。

Microsoftのofficeによる囲い込みは、iPadのシェアを奪い取る程の大きな需要、購入の動機付けになるとは思えないというのが私の率直な意見です。

ただこのタブレット用のofficeがOSやメーカーの垣根を超えて展開したとなれば、話は別です。
現時点でiPadを使用しているユーザーはもちろん、今後2台目としてタブレットデバイスの購入を検討しているユーザーの需要を喚起し、MicroSoftにとっての第二のゴールドラッシュになるのではないかと想像できます。

もちろんMicroSoftもその事は分かっているはずです。
おそらくwindowsタブレットがコケた時の展開として考えているのでしょう。


空白の5年となるか否か

MicroSoftの強烈なシンパとして有名なあるブロガーが、iPadとWindows7ベースのタブレットについてこう述べていた事を思い出します。

「残念ながらiPadは大変いい物だ。こういったワクワクする物がMS社からではなく、私の嫌いなAppleから発売される事に大きな失望を覚える」

「windows7はそれ自体優れたOSだが、タブレット用のOSとなると話は別だ。タブレットに最適化されたOSを、MS社は検討すべきだ。ちなみに私はもうすぐiPadを買うだろう。誰がそれを責める事ができるだろうか。」

氏は同時に次世代OSのWindows8はタブレットデバイスに最適化されているだろうが、それがいつ出るか分からないとも述べています。


強力な武器も出し惜しみしてると、どんどん時代から置いて行かれますよ。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...