金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhoneウィルス対策

img20081203_p.jpg

最近なんだかPhoneの動きが重い、バッテリーの消費が不自然に上がった・・・
そんな方はウィルスの感染を疑うべきかもしれません



現在iPhoneウィルスとして主に語られるのはpoc-bbotです。 このpoc-bbotに感染されたiPhoneは特定の範囲内IPアドレスをスキャンし、デフォルトのパスワードを使用して、定期的にSSH で接続を試みます。
危険性は低いようですが、無駄なマシンリソース消費とバッテリー消耗につながります。

【感染対象】
脱獄されており、OpenSSHをインストールしているが、「mobile」「root」パスワードがデフォルトのalpineのままであるiPhone と言われています。

上の説明を読んでイマイチ意味が分からない・・・という方は今すぐ感染されてないか確認して下さい。

【感染確認方法】
いくつか方法はありますが、MemTool等のプロセス管理ソフトでpoc-bbotというプロセスが走っていないかを調べて下さい。
各daemonの詳細はこちらの記事を参考にして下さい。
iPhoneのdaemon一覧表




【駆除方法】
1. 次のファイルを削除します。

* /bin/poc-bbot
* /bin/sshpass
* /usr/libexec/cydia/startup
* /usr/libexec/cydia/startup-helper
* /var/log/youcanbeclosertogod.jpg
* /usr/libexec/cydia/startup.so
* /System/Library/LaunchDaemons/com.ikey.bbot.plist
* /System/Library/LaunchDaemons/com.saurik.Cydia.Startup.plist


2. SSH デーモンを再インストールし、デフォルトのパスワードを変更します。

3. 必要に応じて Cydia を再インストールします。

4. 必要に応じて壁紙を変更します。
(Symantec公式サイトより抜粋)


今後亜種のウィルスが発生する事も懸念されており、上記の対策をしっかりマスターしておいて下さい。



管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...