金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPadユーザーは要注意! 「海外パケットし放題」の落とし穴

2010082522-2.jpg
(画像ソースはwired vision)


ソフトバンクは7/21から「海外パケットし放題」サービスをスタートさせました。
従来の青天井なローミング料金から定額でパケット通信が出来るようになり、海外での携帯の使用がぐっと身近になりました。

が、開始まもないこの時期において、早くも料金トラブルが発生している模様です。
皆さんが同じ目にあう事の無いよう、他山の石としてしっかり勉強しておきましょう。



wired visionの記者である合原亮一さんが、ヨーロッパにiPadを持ち込んだ際に26万という高額なパケット料金を請求されたエピソードを同サイトで記事にされています。

海外にiPadを持って行くと本当に便利。ただし使い方にご注意

「海外パケットし放題」サービスを利用する上での注意事項を、以下にまとめてみました。



1.  渡航先の「海外パケットし放題」対象キャリアを事前に確認しよう

ソフトバンクやdocomo。au等の国内キャリアは海外ローミングにおいて1カ国で複数のキャリアと契約しているパターンがほとんどです。
日本国内なら1つのキャリアで全国どこにいても電波が繋がります。(程度の差はありますが)
これが海外となると事情が違い、同じ国の中でもここはAキャリアの電波のみ、あそこはBキャリアの電波のみしか繋がらないという事がザラにあるからです。
そしてソフトバンクやdocomoでローミング契約をするキャリアが同じだとは限りません。
docomoはATT系に、ソフトバンクはvodafone系と契約する等、それぞれ特色があります。

渡航前に訪問先の国に「海外パケットし放題」対象キャリアが含まれているかを忘れずに確認しましょう。


2. パケット通信前には必ず接続先キャリアを確認する

前述のように、訪問先の国でソフトバンクとローミング契約をしているキャリアが複数ある事は珍しくありません。
何かの拍子で「海外パケットし放題」対象外キャリアに接続してパケット通信を行うとそこは料金青天井の世界。 行き着く先はパケ死です。
iPhoneの場合は「海外パケットし放題」対象外の事業者に接続されました」という警告ダイアログが出ますが、iPadは何故か出ないようです
冒頭の記者は正にこれに引っかかってしまった様子。必ず確認してからメールやwebを使う事が重要ですね。


3. GPS機能を使わない時は必ずOFFに

不慣れな土地を旅する時にGPSマップはとても便利です。しかしこれにも大きな落とし穴が。
iPhoneやiPadのGPS機能をONにしているとまれに、パケット通信を繰り返す事があるのはよく知られています。
長時間、使いもしないGPSをONにして「海外パケットし放題」対象外キャリアのローミングエリアに入ったが為に、莫大な請求が起きてはせっかくの楽しい旅行も台無し。

「海外パケットし放題」対象キャリア内であっても経済的ではありません。


4. iPadなら現地キャリアとのSIM契約も

海外滞在が長期間になる場合は、現地キャリアと短期契約をする方法もあります。
iPhoneには契約キャリア以外は使えないSIMロックがかかっていますが、iPadはこの限りではありません。
滞在先の事情によってマチマチですが、1ヶ月を超える場合は現地キャリアとの回線契約をした方が割安なケースが多いようです。
これも渡航前に調べておくと、現地でスムーズに事が運ぶでしょう。



かなり急発進したサービスなだけに、細かい点で認知不足なのは否めませんね。
本サービスが自動適用というのも便利ではありますが、色々と問題起きる原因にもなりねないでしょう。
ソフトバンクショップでサービス内容の講習を受けてからサービス適用にすれば、ある程度は防げたのでしょうが・・・

いずれにしてもサービスは始まっています。海外で楽しくiPhone・iPadを使う為に上記の注意事項を忘れずに実行しましょう。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...