金属アレルギー 看護師 求人 大阪

未来のiPadにはボタンが一つも無いかもしれない


apple_touch_patent.jpg

スリープボタンやホームボタンすら、iPadには必要なくなるかもしれません。



TiPbはAppleはiPad向けと思われる出願した新しい特許の中で、iPadの背面にもセンサーを配置するユニークな方法を披露していると伝えています。

マルチタッチケーシング(仮)はiPad背面の2箇所に設けられ、トップ画面のように両手で持った時に初めて機能するだろうと述べています。
そうでなければiPadを片手でひょいと持っただけで反応してしまうからだそうです。

主にスリープボタンとホームボタンの代替と捉えているようで、右手でiPadをホールドした状態で左手で背面上部をタップすればホーム画面に、下部ならスリープ(もしくは解除)という使い方が想像できます。


なんとも奇抜で面白いアイデアですが、実現性はどの程度なのでしょうか。
もし現実の物となれば、文字通りの”Slate”タブレットが誕生するわけです。

しかしこれは好みが分かれるだろうな~


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...