金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iOS4.2+αでiPhone3Gは生まれ変わる!・・・(多分)

ios4-3G2.jpg

近日中のリリースが噂されているiOS4.2。
iPadユーザーには待ちに待ったアップデートとなりそうですが、実はiPhone3Gユーザーにとっても歓迎すべき物となりそうなんです。



TiPbでは、iOS4.2のβバージョンをインストールしたiPhone3Gを動かしている動画を紹介し、キーレスポンスやsafariのレンダリングが著しく改善している事を報告しています。




iPhone3GのiOS4へのアップデートは、マルチタスクの使用不可等の使用制限に加え、メモリ領域が圧迫される事による耐え難いモッサリ感が出た事により、ユーザーからは大きな不満の声が上がっていました。

つい先日にはアメリカで集団訴訟の動きも出るといった事態にまで発展していました。

そういった意味でもiOS4.2がiPhone3Gにも最適化されたという事は、ユーザーにとってもAppleにとっても喜ばしい事になるでしょう。

しかしメモリ容量は128MBと限られているiPhone3G。


ここで試してみたいのがiOSの不要なdaemonの停止です。

脱獄前提となるので万人にオススメは出来ませんが、10~15MBの空きメモリの確保が期待出来ます。iPhone3Gでの10~15MBはかなり大きいはず。

詳しくは以前の記事「iPhoneの不要な常駐サービスをkill!」を見て欲しいのですが、簡単に言うと

「クラッシュレポート系のplistをバックアップの後に削除」

これだけです。

ここで注意して欲しいのが、ターミナル経由で不要なdaemonを削除するというアプリ「FreeMyiPhone」がCydiaに登場していますが、これを実行すると言語がイタリア語と英語だけになるので避けた方が良いでしょう。


iPhone4を購入したものの、iPhone3Gは家族用のツールとしてまだまだ現役。そう簡単には引退はさせません!
iOS4.2と脱獄ソフトが揃い次第、人柱として試してみようとおもいます。

結果はこの記事に追記しますので、気になる方はブックマークをお願いします。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...