金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPadユーザーはiPhoneユーザーよりアプリにお金をかける事が判明

appstorepricing.png

Appleが言っていた「第2のゴールドラッシュ」が現実の物になってきたようです。



Cult of Macは、iPadが発売されてから半年間のアプリのダウンロード履歴を調査した所、iPadユーザーとiPhoneユーザーとの間に大きな違いが現れたと述べています。

iPhoneユーザーの購入アプリの平均額が$2.14なのに対し、iPadユーザーの平均額は$5.8。
直近半年間の成長率はiPhoneアプリ市場が2.3%なのに対してiPadは14.5%。

グラフの分布図を見ても、iPadでは比較的売れている$7以上のアプリもiPhoneでは・・・

市場の違いがはっきりと数字として現れていますね。


以前、iPadの主要購入層を調査した所、経済的に余裕がある40代前後が多いというデータがありましたが、今回のデータも合わせると納得ができます。


また今回の調査結果は、アプリ開発者にとって大きなインパクトを与えるでしょう。
今後iPadアプリはますます盛り上がっていきそうですね。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...