金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhoneのディスプレイのお手入れに使ってはいけない物

a0001_011707.jpg

iPhone4やiPad等に代表されるタッチパネル式のスマートフォンやタブレットは、どうしてもディスプレイが指紋や油脂で汚れがち。定期的なお手入れが必要ですが、ちょっと待った!

あなたが手にしてる物は、ディスプレイのお手入れに適した物ですか?

ここでは間違った、適当ではないiPhoneのディスプレイのお手入れ方法をまとめています。



1. ティッシュペーパー
a0006_001791.jpg

常に身近にあり、単価も安いティッシュペーパー。実はディスプレイの掃除にはあまり向いていません。特に油脂成分が多い汚れの場合は上手く拭き取れず、伸ばしてしまって汚れが広がってしまいます。




2. ウェットティッシュ
wet-tissue.jpg

ティッシュペーパーと比べて油脂の汚れには強いのですが、昨今のウェットティッシュは様々な成分が付加されている事があり、乾いた後のベタつきの原因になるので注意が必要です。

必ずこのような専用の物を使って下さい。





3. 目の粗い布
zoukin.jpeg

目の粗い布を使うと、ディスプレイに傷をつける恐れがあります。また糸くずが発生しやすく、表面に付着してしまうという欠点があります。




4. 指や爪
a0002_004086.jpg

たまに親指や手の平で、ディスプレイをゴシゴシしてる人を見かけます。
一見キレイになったような錯覚に陥りますが、指紋や油脂が広く伸びているだけです。

またこびり付いた汚れを爪でカリカリするのも、ディスプレイを傷付ける原因となりますので止めましょう。





【それじゃどうすればいいの?】




・メガネ拭きを使う


メガネを購入すると一緒に付いてくるメガネ拭きは、目が細かくディスプレイの掃除に最適です。ご家族や友達にメガネを使っている人がいれば、余っていないか聞いてみましょう。



・アンチグレアシートを貼る



指紋や油脂を付きにくくする為には、アンチグレアシートを使いましょう。
手触りも裸のディスプレイの時よりサラサラとする為、フリック入力の操作感が良くなるという利点があります。


ディスプレイは、タッチ操作を行うスマートフォンで最も大切なパーツ。
末永く愛機と付き合っていく為に、正しいお手入れを実践して長持ちさせたいですね。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...