金属アレルギー 看護師 求人 大阪

Appleの2010年を株価と共に振り返る

apple2010.jpg

今年も残りわずかとなってきました。皆さんにとってどんな1年でしたか?

Appleにとって2010年は特別な年になったようですが、それは株価にも如実に表れています。
様々なトピックと共に振り返ってみましょう。




今年の主なトピックは以下の通りです。(月の平均株価はかなり大雑把です)


2010年 1月(平均株価:$205) App storeのアプリのダウンロード数が30億を突破 
 
2010年 4月(平均株価:$230) iPad 発売開始

2010年 5月26日(株価:$244) 時価総額でMicrosoftを抜く

2010年 6月(平均株価:$240) iPhone4 発売開始

2010年 7月(平均株価:$245) iPhone4のアンテナゲート問題

2010年 9月(平均株価:$250) 新型iPodシリーズ 発売開始 AppleTV 発売開始 

2010年 9月24日(株価:$290) 時価総額が世界第2位となる

2010年 10月(平均株価:$285) 新型 MacBook Air 発売開始

2010年 11月(平均株価:$305) iTunesでビートルズの楽曲の提供を開始



4月までの株価の上昇は、iPad発売への期待買いが見受けられますね。その後の上昇の鈍化は、iPadの供給不足が原因しているのでしょうか。iPhone4の発売においても、iPadと同じく供給不足やアンテナゲート問題等で市場が正当な評価をしたのは9月以降という事なんでしょう。
その分第4四半期は、新型MacBook Airのリリースも併せて恐ろしい伸びを見せています。

結果的に2010年度のApple株価は、年率65.6%ゲインという驚異的な数字で締めくくろうとしています。

Appleにとって実りある1年となったようですが、散財してしまったAppleファンにとっては痛し痒しと言った所ですね。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...