金属アレルギー 看護師 求人 大阪

2011年のAppleを大予想

appldrivers.jpg

皆様、明けましておめでとうございます。本年もガジェットさん家をよろしくお願いいたします。

さて、2010年はAppleにとって大きな収穫のあった年でした。様々な製品やサービスで私達の興味と、財布の紐を刺激し続けた1年は終わり、新たな年を迎えます。

2011年のAppleは何を行うのか、また何が起きるのかを予想してみましょう。



1. Mac App Storeのサービスイン

macappstore.jpg

2011年の記念すべき一発目のトピックは1/6に予定されているMac App Storeのオープンです。 どのソフトウェアがアプリとして提供されるのか、開発者にとって良い環境であるのか。 始まってみないと分かりませんが、大きなイノベーションとなる事が期待されます。


2. iPad2のリリース

ipad2_leak_from_9to5mac.png

個人的に昨年度の最も重要なApple製品は、iPadであったと感じています。
今までに無いカテゴリーを構築したiPadは、今やタブレットマーケットのリーダーと言える存在となりました。 先行者は常に、大きな期待を持って世間から注目されます。

iPad2には良い意味で人々の期待を裏切る製品であって欲しいなと思います。


3. CDMA向けiPhoneのリリース

iphone_verizon.jpg

既にiPhoneシリーズは世界各国で発売されており、ユーザーにとって真新しい出来事ではありませんが、AppleやCDMA陣営の携帯キャリアにとって大きな転換の年となるでしょう。


4. iPhone5のリリース

iphone5_cencept_02_20110102170952.jpg

ここ数ヶ月間、当ブログにおいて最も人気の高い記事がiPhone5に関する噂アレコレです。 またAppleの新製品においてGoogleの検索回数のトップが、iPhone 5という単語でした。 それ程ユーザーに期待され、業界全体が注目する製品となったという事でしょう。

初代iPhoneから3度のマイナーチェンジを繰り返し、今年出るであろうiPhone5は実に4代目iPhoneとなります。 果たしてデザインのリニューアルは行われるのか?ハードウェアの刷新はいかほどの物か? アンテナ感度は大丈夫か?当分目が離せません。


5. iMacとMacBook Proの刷新

モバイルデバイスのみならず、iMacやMacBook Pro等のラップトップ製品もマイナーチェンジの対象となる可能性があります。
特にMacBook proにおいては、MacBook Airとの差別化も含めそのアップグレードの内容が気になる所です。


6. iTunesのクラウド化

apple_datacenter.png

AppleTVの発売とiTunesStoreでの動画コンテンツの提供開始は、特に日本国内ユーザーへ大きなインパクトを与えました。 (ビートルズ解禁については世代により受け止め方は様々だったようですが)

iTunesの新たな進化はクラウド化であるという噂が真実で、今年中に実を結ぶのであれば、本年度のソフトウェア上の最も大きなトピックとなるでしょう。


7. 株価が500ドルを突破

2010年度のAppleの業績を表す指標として株価のゲインについて度々言及されました。 あるアナリストは、2011年度のAppleの株価が500ドルに達すると予想しています。

アナリストはその条件として
・次期iPhone(iPhone5)やCDMA向けiPhoneの安定供給
・中国を中心とする新興国における販路の構築

を挙げています。

株価500ドルともなれば、エクソンモービルを抜き時価総額世界第一位の企業も夢ではなくなります。




以上、2011年度に起きうるApple関連のトピックをまとめてみました。

私、個人としてはiPad2iPhone5iTunesのクラウド化の3つがとても気になります。本ブログもこの話題に多いに偏りが生じる可能性が有ります。ご注意下さい。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...