金属アレルギー 看護師 求人 大阪

HTCの次期Androidスマートフォン"Thunderbolt"がリーク

thunderbolt-specs.png

Android Headlineは、台湾のスマートフォンメーカーであるHTC社がCES2011に出品予定とされる次世代Androidデバイス、HTC Thunderboltの仕様がリークした事を報じています。

リークされたHTC Thunderboltのスペックは以下の通り。



・Qualcomm MSM8960 デュアルコアCPU 1.2GHz
・UMTS、LTE、HSDPA、HSUPAの4バンドをサポート
・4.3インチのタッチディスプレイ
・800万画素の背面カメラ
・500万画素のフロントカメラ
・ストレージ容量は128GB
Android2.3(GingerBread)

以前LTE対応のスマートフォンをリリースするというティザーサイトをUPしていましたが、その期待に恥じない仕上がりとなったようです。

htc_teaser.jpg

EVOやHDシリーズからの正当進化といった趣から、メモリ容量も768MB以上はあるのではないかと推測します。



【"持たざる者"がこの先生き残るには】

それにしてもHTCは、Androidを取り入れてから一気にトップメーカーの仲間入りをしましたね。WMの時はしょうもない物を作っていましたが、今や業績は前年比58%の増収、33%の増益とまさに飛ぶ鳥を落とす勢い。

Android導入に関してHTCは、まだそれが海の物とも山の物とも分からない段階からGoogleの担当者とコンタクトをとっていたと言います。

Sonyのような絶大なネームバリューも無く、Appleのような巨大なプラットフォームを所有しているわけでも無い。ましてやサムソンのように潤沢なキャッシュあるはずも無い。
そんなその他大勢のメーカーであったHTCがマーケットをリードする存在に成り得たのは、動きの早い業界においてそれに沿う迅速な行動と、一定のリスクを恐れない経営判断があったからではないでしょうか。

今の国内メーカーに足りない物は、そこなのかもしれないですね。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...