金属アレルギー 看護師 求人 大阪

一部には賄賂も・・・iPhone5の部品供給に日台韓メーカーの競争は更に激化

apple-iphone-4-inside.jpg
(画像ソースはcnet)

earlist summer には発売されるという情報も入ってきたiPhone5。デザインの刷新の有無やiOSの新機能に注目が集まる一方、バックヤードではサプライヤー契約の受諾に向けた熾烈な戦いが繰り広げられています。

NNA.ASIAの記事を中心に、これまでの情報をまとめてみました。



【ヘッドフォン】

iPhoneシリーズに付属するヘッドフォンはiPhone4までは日本のフォスター電機が受注していましたが、iPhone5より鴻海精密工業の子会社であるフォックスリンクが受け持つ事がほぼ決まったようです。 フォックスリンクはiPhoneのコネクタ部を製造していましたが、今回の受注によりApple向けの出荷製品総額は去年の100億元から200億元に達するだろうと言われています。



【カメラレンズ】

iPhoneやiPodTouch用のカメラレンズについては、大立光電(ラーガン)と玉晶光電(GSEO)の2社の独占状態が続いていました。 しかしこの度Apple調達担当者への賄賂が発覚し、Appleは関係を白紙に戻すと発表しました。これにより日本メーカーにもチャンスが訪れましたが、昨今の円高や歩留まりの改善等の問題から2社には敵わないのではというのが市場の見方のようです。この2社はiPad2のカメラレンズ供給においても、地位を確保しているようです。



【ディスプレイ】

iPhone5 及びiPad2のタッチスクリーン用ディスプレイは、iPhone4に続きLG製となるようです。 しかしAppleはシャープや東芝に対してもディスプレイ供給についての交渉を行っており、生産工場への一部出資するという噂も出ています。日本のディスプレイメーカーの参入はiPhone5の初期ロットには間に合いそうにありませんが、来年の初頭から供給を始める事は可能なようです。



【アプリケーションプロセッサ】

Appleがサムスンと距離を置き始めた?iPhone5のサプライヤーに大きな変化の記事でも述べましたが、iPhoneの心臓部であるアプリケーションプロセッサの製造については、韓国のサムスンに加えてkinsusが受諾するようです。



【LEDバックライト】

LEDバックライトについては、豊田合成と晶元光電(エピスター)との間に設立された合弁会社である豊晶光電が受諾するようです。豊田合成はPC向けバックライト用のLEDにおいて世界シェア60%を持っており、今回の受諾で更に売り上げを伸ばす事が予想されます。



【ベースバンドチップ】

AppleInsiderの情報によると、iTunes10.11内のコードにQuallcomm製品と認められるファイルが確認されたそうです。iPhone4まで採用されていたinfineon社からQualcommへと変更されるのは確実のようです。

iphone5_qualcomm.jpg



【HDI基板】

HDI基板については、iPhone4で受諾契約をしていた華通電脳(コンペック)と欣興電子(ユニマイクロン)に加えて、金像電子が加わったようです。



こうやって見ていくと、今まで苦戦をしていた国内メーカーが今回は頑張っているようですね。
あまり明るい話題の無い日本経済ですが、これが何らかの起爆剤になれば良いのですが・・・


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...