金属アレルギー 看護師 求人 大阪

携帯電話は脳を"良くも悪くも"活性化するという調査結果

brain-scan-cell-phone.jpg
(画像ソース:Wired


なんとも怖い調査結果が届きました。これを信じるも信じないもあなた次第・・・

SlashGearWired経由の情報として、携帯電話で頻繁に通話を行う人の脳は、全く携帯電話を使わない人と 比べて7%余分なエネルギーを消費しているという研究結果を発表された事を伝えています。



アメリカ医学学会誌(通称:JAMA)が23日に発表した研究結果によると、47人の被験者に対して一般的な携帯電話による通話時の脳組織のエネルギー効率を長期期間測定した所、通話時に脳の特定組織において通常の7%増のブドウ糖の消費活動が見られた事を伝えています。

通話発信時に発生する電波に、脳組織の一部がなんらかの反応をしている事が原因との事ですが、詳しい原因は現在の所不明。

国立衛生研究所の神経科学者であるNora Volkow博士は「今回の調査結果が携帯電話と脳腫瘍リスクの因果関係を直接結び付ける物ではない」としています。また今回の現象を携帯電話による脳の活性化と見る事もでき、人類にとって歓迎すべき物なのか忌避すべき物なのかは今後も研究を続けなければ分からないとしています。

携帯電話という人類にとって新しい技術は、ニュータイプの脳への進化の触媒か、もしくは脳腫瘍のリスクを高めるものなのか・・・


Nora Volkow博士は、ワイヤレスヘッドフォンやスピーカーフォンでの通話のように「携帯電話を脳から遠ざければ」上記の現象は発生しない事を付け加え、今回の調査結果で心配になった人は実践するといいだろうと述べています。

そうですか。ところで、iPhone用のヘッドセットって何がありましたっけ?



管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...