金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhone5のお披露目は早くても9月、遅ければ来春に?

wwdc2011.jpg

iPhone5を心待ちにしている皆様、今しばらくの辛抱が必要かもしれません。

TiPbなどのApple系ポータルサイトでは、海外のApple情報に強いブロガー達がいっせいにiPhone5のリリース延期を発信し始めたと伝えています。



TiPbはそれらのリークを総括した上で、WWDC2011は本来の開発者向けのプレゼンテーションへと回帰し、Mac OS XやiOS5といったソフトウェア中心の発表の場となるだろうとしています。またiPhone5のリリースの遅れについては、組込み工場のある台湾や中国の情報筋が生産開始が始まっていないと伝えているというのが根拠のようです。

あまりに唐突で救いの無いリーク情報ですが、以前よりのリークからサプライヤーは既に決定していると見られる為、もし遅延が起きるのなら原因はそれ以外、つまりAppleの設計上の問題資材調達上の問題であるという推測が成り立ちます。

最新の情報によると、日本における震災の影響によってスマートフォンのキモとされるディスプレイや基盤部品以外にも、リチウムバッテリーの供給もが不足し始めているようです。

AppleはiPad2においては日本の震災による影響は少ないと発言していますが、それはかなり早い段階で部材を確保していたからでしょう。またiPhone4が発売後半年間で3,000万台超を出荷した事を考えると、iPhone5ではiPad2のそれより事は深刻であると思われます。

WWDC当日まで真実は分かりませんが、ある程度の遅れは覚悟した方がよさそうですね。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...