金属アレルギー 看護師 求人 大阪

次世代iPhone/iPadはベゼル部にもタッチセンサー内蔵か

patentlyapple_201140801.jpg

ある著名な芸術家は、晩年に子供が描く絵画をこう評価しています。

「子供はキャンパスの大きさに関係なく絵を描く。だから素晴らしい。キャンパスからはみ出してはいけないと思うのは、常識に捉われた大人の貧困な発想だ」

PatentlyAppleは、Appleが米特許庁に出願している特許の中に、スマートフォンやタブレットのベゼル部(いわゆるタッチスクリーンの外枠)にタッチセンサーを内蔵する技術が含まれていた事を報じています。



Appleはこれまでも、ベゼル部や背面のタッチセンサーに関する特許を複数出願していましたが、今回の出願案はタッチセンサーのエリアや挙動についてより詳しく説明がなされています。

patentlyapple_2011040802.jpg



確かにiPhoneを始めとするスマートフォンやタブレットを操作している時に、唯一不便に感じるのは「自分の手で画面が見えなくなる事がある」という事です。特にゲームアプリでよく見かける仮想コントローラーは、画面下部が手で覆われてほとんど見えなくなる事に不満を覚えていました。

capcom.png


本技術はそういったタッチスクリーンの物理的な視認性を向上させる事が期待できます。また新たなマルチタッチアクションも登場するでしょう。(あんまり増え過ぎると覚え切れないですが・・・)

今までタッチ操作はタッチスクリーン上で行なう物という、当たり前の常識を疑う事なく生活していましたが、こういった新たな技術は常識にとらわれない発想から生まれてくるんですね。オミソレシマシタ。

でもこの技術が実用化されると、ケースを作ってるメーカーは涙目ですね。



管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...