金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhone5の製造は9月に開始、出荷は今年の年末から2012年の年始にかけて?

iphone-5-b.jpg

複数のリーク情報もあり、どうもこの時期が本命っぽいですね。

MacrumorsはBusinessInsider経由の情報として、次世代iPhone「iPhone5」の製造が従来のリリースサイクルと比較して大きく遅れている事を報じています。



Avian Securitiesのアナリストによると、iPhone5の製造は今年の9月に開始され、2011年の年末か2012年の年始に出荷されるだろうと述べています。また一時期リーク情報として上がってきた廉価版iPhoneの噂が再燃していると伝えています。


ホリデーシーズンへの投入は絶望的か

アメリカにおいて消費者の購買欲が最も盛んになるとされているのが、ホリデーシーズン(11月末~新年)です。この時期の売り上げはアメリカの企業において大きなウェートを占めており、特別な時期だと認識されているそうです。その為、アメリカのコンシューマー向け製品メーカーや流通業者は、この2 ヶ月間に主力級の商品を並べ大々的な販促活動をしかける事に血眼になっていると言っても過言ではありません。

グローバル企業であるAppleも例外ではありません。現にApple社も2010年のホリデーシーズンにおいて、iPadが「子供が欲しがっている物 第1位」に輝く等、ホリデーシーズンの恩恵を受けてきた代表的な企業と言えるでしょう。

2010101920-1.png
(画像ソース:wiredvision)

その大事な時期に、市場に最もインパクトを与える事ができる思われるiPhone5の生産を遅らせるとするなら、それは不可避の重大な事案があるのだろうと推測されます。 それが設計上の物なのか、部材調達上の物なのかは分かりませんが、1年で最も売り上げが見込まれ、ライバルであるAndroidやWindows Phone7が最新のスマートフォンの登場によるパイの奪い合いに参加するよりも優先される物であると。iPhone5のリリース時期がホリデーシーズンに間に合うか否かで、その後のリリース時期をある程度類推出来るのではないかと思います。

訓練されたiPhoneユーザーにおいては、毎年6月に新しいiPhoneへアップグレードするいうライフサイクルが出来つつあったので気が気では無いでしょう。せめて今年中ぐらいには手に入れたい所ですが、今は情勢を見守るしかなさそうですね。



管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...