金属アレルギー 看護師 求人 大阪

~Androidの未来がここにある~ Google I/Oの注目ポイントまとめ

google_io2011.jpg

米国時間の5月10日より、Googleの開発者向けカンファレンスであるGoogle I/Oがスタートしました。

初日の主なトピックをまとめてみました。


1. Androidの現状

google_io2011_01.png

・200,000のアプリ
・累計1億台のアクティベーション
・36社とのOEM契約
・215社の提携モバイルキャリア
・45万人のアプリ開発者

ちなみにアクティベーションは40万/日のペースなんだとか。



2. Houneycombのアップデート(Android3.1)

controls.png

タブレット向けのOSであるHoneyCombがアップデートされました。ウィジェットやアプリトレイに変更があった他、USB接続したカメラから写真を直接インポートする機能や、ゲームコントローラーによるアプリ操作をサポートします。

またGoogleTVにもインストールする事ができる為、GoogleTVに特化したアプリ開発も可能になるようです。

なおこの発表から24時間以内に、XOOMへのアップデートがリリースされる予定です。(携帯キャリアにより時期は異なります)



3. IceCream Sandwitch

Icecreamlogo.png

前回の記事で述べたように、最新OSとなるIceCream SandwitchではHoneyCombの機能がスマートフォンとタブレットで統合される方針が決定したようです。



4. 動画レンタルの開始(米国のみ)

Androidユーザーは数千本の映画やドラマをwebから、タブレットから、そしてスマートフォンからレンタルする事が出来ます。価格は$1.99から。



5. Music Betaの開始(米国のみ)


クラウドサービスであるMusic Betaは、無料で20,000曲をアップロードして利用する事が可能です。またiTunesのプレイリストをそのままインポートする事も出来ます。ダウンロードしたデータをローカルでキャッシュする機能もついており、オフラインでも利用可能なのだとか。なお今の所、iOSデバイスでは利用出来ないようです。


6. オープンアクセサリーAPI

USBポートを介してのゲームコントローラーやキーボードといったサードパーティー製品のサポートの為にAPIが公開されるようです。



7. Android@HOME

google_io2011_02.png

AndroidデバイスをHUBとして情報家電をコントロールする仕組みであるAndroid@HOMEも、本日発表されました。通信はGoogle独自のプロトコルを使用する予定で、対応製品のリリースも含め本格的な運用の時期は未定です。



8. ベンダーとの新たなパートナーシップ

google_io2011_04.jpg

現在メーカーや開発者の間で最も問題視されている「断片化問題」の解決の為、OSのアップデートルールを定めるアライアンスが結成されました。

メンバーはVerizon、AT&T、Sprint、T-Mobile、Vodafone、HTC、ソニーエリクソン、サムスン電子、LG、モトローラ、そしてGoogleの11社。当面の目標を「ユーザーへの18ヶ月間のOSアップデート保証」と定め、Googleと共にガイドラインの作成と運用を行う事が決定しています。ガイドラインが統一される事により、機種やキャリア間で存在した「OSの断片化」の解消が期待されます。

以上、簡単ではありますがまとめてみました。新たな情報が入り次第、更新したいと思います。

(via:TNW

180日間のOSアップデート保証じゃなくて18ヶ月ではないですか?

2011.05.12 01:27 imo #99DFA69w URL[EDIT]
imoさんへ ご指摘ありがとうございます。

> 180日間のOSアップデート保証じゃなくて18ヶ月ではないですか?

失礼しました。記事を訂正いたしました。6ヶ月じゃ少な過ぎ><

2011.05.12 09:18 ガジェ男 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...