金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhoneで撮った動画を「0円かつ無制限に」web上で保存する方法

iphone-youtube.jpg


iPhone4ではカメラ性能も上がり、ますます出番の多くなったカメラアプリ。静止画だけでなく、動画を撮る機会が増えた人も多いのではないでしょうか。

しかしたくさん動画を撮っていると静止画と比べて容量が大きい為、ストレージの容量不足になりがち。泣く泣く過去の動画を削除なんて事も・・・

今日はiPhoneで撮影した動画を、簡単にweb上で保存するTipsを御紹介したいと思います。

誰もが知ってて、それでいて意外と使いこせていないアイツ。

YouTubeです。


事前に用意する物

・YouTubeのアカウント

「やってみよう! マイアカウントのつくり方」



それでは早速手順をご紹介しましょう。




1. カメラロールからiPhoneで撮影した動画を選択。




2. 左下のボタンをタップして「YouTubeに送信」を選択。

iphone_youtube02 2



3. タイトルや説明、タグ等を入力して、「非公開」でアップロード。

iphone_youtube04.png



4. マイ動画に先ほどアップロードした動画が現れます。

iphone_youtube01 1



非常に簡単。慣れれば作業自体は10秒もかかりません。(YouTubeにアップロードされる時間は動画の大きさに比例します。)

これでYouTubeが簡易webストレージとして活用できるようになりました。

「プレイリストに追加」や「お気に入りに追加」でiPhone以外でも視聴できるようになります。また、お友達に見せたい時は「動画を共有」に動画URLが表示されますので、それをメールなどで送るだけ。

今回のTipsのコツは、言うまでもなく「非公開」でアップロードする事。人に見せるわけではないので、肩肘張らずにiPhoneに貯まった動画をバンバンYouTubeに送る事ができます。


この動画保存方法には色んなメリットがあります。

ネットに繋がってさえいれば、場所やデバイスを選ばず視聴できる。

AppleTVが無くても、iPhoneで撮影した動画がTVで視聴出来る。(YouTube対応TVのみ)

難解な手順を経る必要がなく、手順が簡単。

アップロード後にローカル側(この場合はiPhone)に保存しておく必要が無くなり、iPhoneのストレージ容量の節約になる。


なお注意点は以下の通り。

アップロードはWi-Fi経由で。(3G回線だとパケット通信量が半端無いです)

個人向けのストレージでは無いので著作権を侵害していたり、法に触れる可能性がある動画はGoogleに削除されるケースがある。

iPhoneのYouTubeアプリではアップロードした動画の編集や削除が出来ない。(safariからは可能)

アカウントによりアップロード出来る動画時間の上限が異なる(15分間~無制限)


「DropBoxやSugarSyncは難しそうで敷居がちょっと高いな・・・」と感じている人でも、これなら気軽に利用出来るはず。

お試しあれ。


できればHDで

アップロードはSDではなく、HDの方がいいですね。
時間は掛かってしまいますが。

2011.06.16 21:00 通りすがり #h1EA9ysI URL[EDIT]
Re: できればHDで

なるほど。

後々の事を考えると、HDの方が良いかもしれませんね。

2011.06.16 22:44 ガジェ男 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...