金属アレルギー 看護師 求人 大阪

ソフトバンクが10月から「高速スリープ」技術を実装!? iPhoneの電池の持ちが良くなるかも

iphone_battery.png

ソフトバンクモバイルは7月15日付けで、自社サイトに以下のお知らせ記事をUPしました。

iPhone 3G、iPhone 3GSをご利用中のお客さまへ。最新版iOSへのアップデートをお願いいたします[2011年7月15日]

この度、ソフトバンクモバイルは、お客さまにより快適なモバイル環境をご提供するにあたり、音声ネットワークの最適化を2011年10月以降に実施いたします。

iOS4.2.1以上のバージョンを要求するこのお知らせ記事を読んで、私は以前に書いたある記事でiPhoneに新たな機能が追加されていた事を思い出しました。


Apple、バッテリーを長寿命化する「高速スリープ」をiOS4.2.1に実装

詳細は上記リンクにて確認頂きたいのですが、概要を説明すると

iOS4.2.1よりノキアシーメンスのnetwork - controlled fast dormancy(高速スリープ機能)技術が実装されておりネットワーク経由で携帯電話とモバイル網の接続を調整・最適化する機能により、ネットワーク側のトラフィックを有効活用出来るだけでなく、端末側のバッテリー寿命も伸ばす事が期待されています。

ソフトバンクモバイルより、本施策についての詳細な説明はありませんが(おそらく出来ないでしょうが)状況証拠から この「高速スリープ」が実装されるのではないか?と一人興奮しております。(iPhone 4がアップデート対象ではないのが気になりますが)

私のこの予測が正しかったどうかは、10月までお待ちくださいませ。



管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...