金属アレルギー 看護師 求人 大阪

携帯ユーザーの3人に1人は「iPhone 5待ち」である事が判明

a0001_012467.jpg

アンケート対象が「スマートフォンユーザー限定」ではない事に注目です。

Experianが2852人のオンラインユーザーに対して行ったアンケートによると、ユーザーの35%にあたる998人が今年の9月にリリースされると見られるiPhone 5を購入予定だと回答したそうです。

以下に、今回行われたアンケート結果をまとめてみました。


”iPhone 5に関する質問”

iPhone 5の購入予定はありますか?

はい:35%
いいえ:62%


iPhone 5に最も期待する機能は?(複数回答)

1位:バッテリー寿命の改善
2位:コスト削減
3位:4Gネットワークのサポート
4位:ディスプレイの大型化
5位:カメラ機能の改善


iPhone 5はいつ購入しますか?

・1年以内(51%)
・2011年の年末までには(30%)
・発売後1ヶ月以内(14%)



”スマートフォン全般について”

現時点で最も欲しいモバイルOSは?

1位:iOS(48%)
2位:Android(17%)
3位:Windows Phone(7%)
4位:Blackberry(6%)


プレゼントにもらってうれしいスマートフォンは?

1位:iPhone 5(69%)
2位:Droid Bionic(7%)
3位:Galaxy-S2(4%)
4位:Blackberry Curve(3%)


スマートフォンでよく使う機能は?(複数回答)

1位:電話
2位:メール
3位:インターネット
4位:検索
5位:GPS



”スマートフォンとショッピングの関係について”

スマートフォンでオンラインショッピングは利用しますか?

はい:36%
いいえ:62%


それはどのくらいの頻度ですか?

週に1回以上:12%
月に2~3回:22%
年に数回:16%


今後、実店舗でのショッピングでスマートフォンをどのように活用したいですか?(複数回答)

1位:オンラインストア価格との比較
2位:バーコードで他店舗の価格との比較
3位:GPSで店舗の検索
4位:クーポンや安売り情報の入手



このアンケート調査結果についてPriceGrabberのゼネラルマネージャーであるGraham Jones氏は以下のような所見を述べています。

消費者におけるスマートフォン、特にAppleのiPhone 5の認知度は非常に高いが、昨今の不安定な労働環境などからスマートフォンに低価格や手頃感を求める傾向があり、(他社スマートフォンと比べて値段が高い)iPhoneの購入に対して慎重な姿勢が見受けられる。またオンラインショッピングのモバイル利用が進んでいる事がデータ上に反映し始めた。スマートフォンとショッピングの連携については、ECサイトのみならず実店舗の小売店においても早急に対応すべきレベルに達している。

なるほど。iPhoneシリーズについては、欲しいんだけど高いので購入に慎重になっている面があると。その反動で「プレゼントでもらうなら」ほぼダントツでiPhoneを指名するという現象が起きているわけですね。

今回のアンケートはアメリカのECサイトのオンラインユーザーが対象の為、日本で同様のアンケートを行えばまた違った結果になるかもしれません。iPhoneとAndroidに価格差は日本では無いですし。(むしろiPhoneの方が安いかも)

ぜひ日本独自のアンケートを実施して欲しいですね。



管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...