金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPadのポテンシャルに驚愕する5つの活用方法

081011_rg_ePillowiPad_01.jpg

iPadが発売され1年半が経とうとしています。

発売前は電子書籍機能にフォーカスした報道が大半を占めていた事もあり、利用シーンが想像しにくいといった声も多かったと記憶しています。(実際に私もずっと?マークでした)

しかし実際に販売されてみると、色んな可能性を秘めたデバイスである事が分かってきました。店舗のメニューとして使われたり、営業マンの販促ツールとして活用されたりと、iPadはその活動の場を広げているようです。

今日はその中でも「それは思い付かなかった!」というiPadの活用方法の、ほんの一例をご紹介したいと思います。




結婚式にバーチャル参列

Picture-111.jpg

家の用事で友人の結婚式に参加できないレニーさんの為に、新婦とその仲間達はあるサプライズを用意しました。

結婚式場と1,600マイル離れたレニーさんの自宅を、iPadのFaceTimeで繋いでしまおうという試みです。

参照リンク:Bridesmaid Appears In Wedding Via iPad
(当日の様子が動画で閲覧できます)


新婦や友人に抱えられ(?)セレモニーに参加したレニーさんは、式の様子をこう振り返ります。

「素晴らしい体験でした。会場の隅々までよく見えて、まるでそこにいるかのような気分が味わえたの。新婦や仲間達、そして最新のテクノロジーに感謝したいわ。」

実はこの試みには、ちょっとしたアクシデントがありました。リハーサルの途中で誤ってiPadを落としてしまい、粉々に壊してしまったのです。しかし新郎が急いでAppleストアに駆け込み事情を説明した所、スタッフは快く交換に応じてくれたのだとか。

何はともあれ、iPadのFaceTime機能を使った結婚式へのバーチャル参列は、大成功を収めたのでした。




リハビリや行動支援に

heraldsun.jpg

(photo:Ben Swinnerton Herald Sun)

オーストラリアに住む9歳の少女は先天性白皮症を患っており、学校の授業で拡大鏡を使う必要がありました。そこで両親がiPadを買い与えた所、スムーズに文字を拡大出来るようになり拡大鏡を使わずに済むようになったとしてAppleのCEOであるスティーブ・ジョブズに感謝のメールを送りました。

ジョブズ氏はこのメールに感銘を受けたようで、「幹部100人とこのエピソードを共有しても良いか?」と返信があったそうです。

またiPadをリハビリに利用する取り組みにも、注目が集まっています。日本でも、iPadを使って脳性麻痺のリハビリに励んでいる方もおられるようです。良い成果が出る事を期待せずにはいられません。




抗議デモのプラカードに


リトアニアで発生したデモに、iPadをプラカードにして抗議する労働者が現れました。地元マスメディアも男性に取材をしたりと、アピール力は上々だったようです。




本物のカーナビに

カーナビ機能を利用できるiOSアプリはいくつもありますが、この男性は本物のカーナビとしてiPadを使おうと決意したようです。

もう途中から執念の様な物を感じますが、仕上がりは最高にクール。これはカーナビを提供するメーカーも見習って欲しいなぁ。




着て行く服が無い

「今日は何を着て行こうかな」と毎日考えるのは億劫ですよね。そんなあなたにピッタリなのがこちら。

style-shirt-ipad06.jpg


syte-shirt-ipad-3.jpg

これで「いつも同じ服装だね」何て言わせない!iPadの重さでTシャツがすぐにダルダルになる事はご了承下さい。



iPad is freedom!

色んなiPadの有効活用法を見てきましたが、これらに共通するのは「絶妙なディスプレイサイズ」「直感的な操作方法」にフォーカスする事で、上手く利用シーンの幅を広げている事ですね。

せっかくのiPadをWebやゲームアプリだけに使うのはもったいない!是非、あなただけの活用方法を見つけてみて下さいね。




管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...