金属アレルギー 看護師 求人 大阪

Mac OSのシェアがジワリと上昇 アメリカでは14%に迫る勢い

macosx-110903-3.png

iPhone以外も絶好調のようですね。

AppleInsiderによると、2011年8月のPC向けOSのシェアが発表され、最新OSのLionを含むMac OSのシェアが6%に達したと報じています。


6月度が5.76% 、7月度は5.96%と着実にシェアを拡大していたMac OSですが、8月度は6.03%とついに大台に到達。またIT先進国のアメリカでは13.42%を占めており、コンシューマー市場でMacBookシリーズが猛威を奮っている様子がうかがえます。


macosx-110903-1.png

またMac OSの内訳はLeopardが1.17%、Snow Leopardが3.46%。そして最新OSであるLionが1.03%と大きな伸びをみせ、Leopardに迫りつつあるようです。


ハロー効果でHello World

エンタープライズ系や組み込み系でWindowsが未だ圧倒的なシェアを堅持している事を考えると、一連のMac OSのシェア上昇は主にコンシューマー市場を中心にWindowsからMacへの乗り換え需要が進んでいるものと見られます。これは、iPhoneやiPadといったiデバイスの普及によりWindowsユーザーのMac OSへの敷居が下がっている為だと考えられ、iPhoneが好調な売り上げを続ける限り、今後もこの傾向は続くものと思われます。

スマートフォンやタブレットが普及するにつれ、 PCが果たす役割も変化してきています。他社メーカーがこの流れを感じて対応していかない限り、Appleの好調さは揺るがないでしょうね。



管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...