金属アレルギー 看護師 求人 大阪

「実動する」モバイルデバイスの53%がiOSであるという調査結果

ipad_and_steve-jobs.jpg

Webマスター各位におかれましては、重要な判断を迫られる時期が近づいているのかもしれません。

ネット調査会社であるNetMarketShareは、スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスのブラウザシェアを発表しました。


その調査結果によると、モバイルブラウザのシェア1位はSafari。52.9%と圧倒的な数字を叩き出しており、15.73%で3位のAndroidブラウザとはトリプルスコアとなっています。

CFT0905_062943100F1.png


統計マジックの種明かし

今回の調査結果は、巷に氾濫する「AndroidがiOSを圧倒!」「AndroidがついにiPhoneを抜いた」といったニュースソースと大きくかけ離れた数字を示していますが、これは統計ソースの集計方法の違いによるものと思われます。

一般的なモバイルOSのシェア比較では 「メーカー公称の出荷台数」や「携帯キャリアが発表するOSのアクティベーション数」等のソースを集計する方法が主流です。一方、NetMarketShareの集計方法は複数の特定サイトに接続したリファラーを参照しています。実際にアクセスしてきたデバイスのブラウザを集計してるわけですから、より実態に即していると言えるかもしれません。

例えるなら前述の集計方法は「入口調査」、NetMakerShareの集計方法は「出口調査」 といった所でしょうか。


無視出来なくなったiPadユーザー

またFierceMobileは今回の調査結果において、iPadのシェア増加が特に顕著であると述べています。

FierceMobileによると、iPadは世界中のネットトラフィックの1.03%を占めるまでに至っており、そのトラフィックは競合するサムスンのGalaxy-Tabの53倍、モトローラのXOOMの76倍、そしてRIMのPlaybookの306倍にも及ぶそうです。またアメリカにおいてはネットトラフィックの25%はiPadが占めているという別の調査結果も併せて、ブラウジングの主戦場がラップトップからiPadへ移行しつつある傾向が確認できます。

上記のSafariのシェアと併せてiPadのネット接続数が増加しているという事実は、Flashを多用したサイトの管理者には耳の痛い話かもしれません。当ブログにおいても、モバイルデバイスでの訪問数の1位はiPad。今後Web管理者はスマートフォン向けサイトの用意とは別に、通常のPC向けサイトにおいても、iPadへの最適化が求められるのでしょう。

本当にどうしよう。

(via:FierceMobileGIGAOM)




管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...