金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhone 5は、Apple史上最も期待されているガジェットかもしれない

gaijin_17706_convert_20110915224622.jpg

ホームボタンがバカになってたりバッテリーの持ちが悪くなっても我慢してるにも関わらず、iPhone 5が一向に出る気配が無くてイライラしてるiPhone 3G(S)ユーザーの皆さん、こんにちは。どうやら皆さんと同じ気持ちを持つ同志が、世界中にたくさんいるみたいですよ。

Cult of Macは、RBCがiPhone 5について行ったアンケート調査を紹介しています。


8月初旬に行われたこのアンケートは任意の消費者2,200人を対象としたもの。「iPhone 5を購入しますか?」との質問に回答者の13%が「購入する」、18%が「おそらく購入する」と回答しています。3割以上が購入予定があると答えたわけです。

1年前のiPhone 4発売前に同様のアンケートを行った際は、「購入する」が12%、「おそらく購入する」が13%であった事を踏まえ、ユーザーの需要がより高まってきているようだとCult of Macは述べています。

またRBCのアナリストであるマーク・アブラムスキーは、現iPhoneオーナーへのアンケートも興味深い結果だったと語っています。なんと66%がiPhone 5に機種変更すると回答したそうです。

そして(現時点では)iPhoneの取り扱いが無いT-MobileとSprintのユーザーにiPhone 5が出たらどうするかを尋ねると、50%以上がiPhone 5を購入すると答えたんだとか。

さらっと書いてますが、どれも信じられないほど高い数字です。


上記のアンケート回答者の多くはアメリカ在住者ですが、 これはアメリカに限った傾向ではないようです。iPhone関連サイトにおいては日本国内最大手のAppBankさんが行ったアンケートでも、iPhone 5を待ち望む声が予想以上に大きい事が分かります。

キミはiPhone5を買うのか!?読者アンケートまとめ。

APPBANK_convert_20110915225029.png

(photo:AppBank)


夢はでっかく、年間1億台超え!?

アブラムスキー氏はこういったiPhone 5の世界的な期待の高さを受けて、第一四半期のiPhone 5販売台数を2,700万台、2012年度は通年で1億1,000万台(!)というなんとも強気の予測数字をリリースしています。

2010年度の世界中の携帯電話の出荷台数が13億台と言われており、このおじさんの数字を単純に計算すると、全世界で出荷される携帯電話の8%以上をiPhoneが占める事になるわけです。

Appleは以前「2011年はiPad 2の年になる」と発言しましたが、この調子でいくと「2011年からはiPhone 5の年になる」と改めた方がいいかもしれませんね。




管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...