金属アレルギー 看護師 求人 大阪

Google、ついに携帯電話事業に進出か

google_sim_1_convert_20110924125748.jpg
(GoogleSIM イメージ画像)

確かに予想されてはいましたが、まさかこのタイミングとは・・・

9to5Googleによると、Googleスペインは地元携帯会社とMVNO契約を取り交わし、従業員はGoogle独自のSIMカードでスマートフォンを利用しているようだと伝えています。


Googleスペインは自社の従業員に対して、Androidスマートフォン「Nexus-S」とともにスペインの携帯電話会社であるTelefonica、もしくはVodafoneとMVNO契約した自社SIMカードを貸与しているそうです。ちなみにMVNO事業者とは、簡単にいうと自らが通信設備を所有せず、既存の通信キャリアの帯域を借り受けてサービスを展開する通信事業者の事です。日本では日本通信等がこれにあたります。

google_sim_3_convert_20110924125806.jpg
(イメージ画像)


内容や料金体系については現時点では不明ですが、一般的なMVNO事業者とは利益に対する考え方が異なる為、市場価格よりも割安であることが予想されます。

Googleはヨーロッパ全土に同様のMVNO契約拡大していく計画がある事、そしてこのGoogle SIMカードを一般Androidユーザーに提供する可能性がある事を9to5google及びSlash Gearは報じています。


全てはGoogleにトラフィックを流すため

Googleは既にアメリカにおいて、Google Voiceという固定音声サービスを先行しています。先般のGoogleのモバイルインターネットへのサービスの注力っぷりから考えれば、モバイル通信キャリアとしての展開もさほど驚く事ではないのかもしれません。

TechCrunchの記事によると、SNSの最大手であるFacebookの広告主の満足度はGoogleアドワーズより高いようで、インターネット広告も従来の様にGoogle一辺倒の時代が終わりつつある事を示しています。

このような時勢に対応すべく、トラフィックをかき集める事が至上命題になりつつあるGoogle。Androidへの傾倒とともに携帯事業へ参入するという今回の流れは、もはや規定路線と言えるかもしれませんね。




管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...