金属アレルギー 看護師 求人 大阪

Windows Phone7も、こっそり個人情報を収集していた事が判明

is12t.jpg

MSよ、お前もか。

Windwos Phone 7(以下WP7と略)の解析で有名なラファエル・リベラ氏は、WP7はユーザーに同意を得る事なくユーザーの位置情報をデバイスに収集し、Microsoftのサーバーに送信している可能性が高いと指摘しています。


リベラ氏の調査によると、WP7のカメラアプリにおいてこの現象が確認されており、Microsftのagps.location.live.netおよびinference.location.live.netというホストに一定の情報が送信される事が分かっています。

送信される情報は以下の通り。

・OSバージョン
・デバイス情報
・MACアドレスと電池レベルを含むワイヤレス・アクセスポイント
・各種GUIDの識別子

wp7cameranotification_convert_20110925195444.jpg


その他のアプリについても、リベラ氏は調査中との事。また個人情報の送信について防ぐ手立ては今の所確立されていなようです。


プライバシーも安く見られたもんだ

ユーザーの個人情報の管理については、iOSやAndroidスマートフォンでも同様の問題が判明し大きな騒ぎとなった事は記憶に新しいところです。その際にMicrosoftはこの問題に対して「当社はこのような不当な個人情報収集は一切行わない」と大見得をきった経緯があり、リベラ氏はてMicrosoftに説明を求める質問状を送ったようです。Maicrosoft広報はこの件について「鋭意調査中である」という回答をしています。

AppleやGoogleに続きMicrosoftまでもがユーザーのプライバシーの取り扱いを軽視していたと考えると、スマートフォンというガジェットそのものにプライバシーの保護を期待する事が難しいのかという錯覚に陥ってしまいます。しかしスマートフォンは猛烈な勢いで人々の生活に浸透し始めており、ただの携帯電話から情報を集積・発信するハブとしての役割を担いつつある現状を考えると、このようなプライバシーを軽視する設計は強く非難されて然るべきだと私は思います。

対処方法も含め続報が入り次第、お伝えしたいと思います。

(via:WinrumorsRedmondPie




管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...