金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhone 4Sの登場で、僕らが新たに抱えた「2つの悩み」

iphone4s_01.jpg

こんにちは。目覚ましを2時にセットしたはずが、 妖精さんにストップされていつもの時間に起きたガジェ男です。

Appleから新型iPhoneであるiPhone 4Sが、ついに発表されました。

http://www.apple.com/jp/iphone

延期に次ぐ延期で、一時は「本当に出るのだろうか?」と心配になっていましたが、こうやってリリースが決まって取りあえずはホッとしました。しかし安心したのも束の間、今回リリースされたiPhone 4Sという存在は、私達に新たな2つの悩みを突きつけています。



iPhone 4Sを買う?iPhone 5を待つ?

01751_convert_20111005141623.jpg

今回発表されたiPhone 4Sでは、CPUのデュアルコア化やカメラが500万画素から800万画素への変更といった、内部スペックの向上が図られました。しかしその一方でデザインがiPhone 4と変わらない事や、従来の販売サイクルから4カ月以上も遅れている事から「iPhone 5まで待つか」という声も少なからず聞こえてきます。

「2種類のiPhoneが同時リリースされる」という噂がリリース直前まで囁かれていましたが、今回iPhone 4Sが単独でリリースされた事から、もう一つのiPhoneとは来年にリリースされる次期iPhoneのプロトタイプの事であったと推測されます。デザインは大きく変わりディスプレイサイズも大型化、またWimaxやLTEをサポートするというリーク情報から想像すれば、かなり大きなアップデートになる事が予想されます。

そしてAppleが従来のiPhoneの販売サイクルを堅持するのであれば、次期iPhoneは早ければ来年の6月にリリースされます。たったの8ヶ月後。躊躇なくiPhone 4Sに飛びつくか、ここはあえてiPhone 5まで待つのか。非常に悩ましい問題です。あ、「両方買えばいいじゃん」というセレブな解決方法はナシな方向で。


ソフトバンク?それともau?

1.jpg

今回の発表の一番のトピックは、なんといってもauからもiPhoneが出る点でしょう。今まではiPhoneを所有するという事は必然的にソフトバンクユーザーになる事を意味してたわけですが、そこにauが加わり選択肢が増えたわけです。 ソフトバンク及びauの二社からは契約プランの料金や本体価格についてはまだ公表されていませんが、それ以外でキャリアを選択するにあたり留意すべき点がいくつかあります。


ソフトバンクと900MHz帯

チャイナ・ユニコムはプレス向けイベントにおいて、iPhone 4SがHSPA+をサポートしている事を暗に示しました。この情報を受け「ソフトバンクのiPhoneはHSPA+サポートか!?」なんて噂が出た際に、カバレッジだけでなく、通信速度においても不満を持つ現行のソフトバンクユーザーは大きな期待を持ちました。が、フタを開けてみるとiPhone 4SはHSPA+非対応。

そういった経緯もあり、今後ますます注目を集めそうなのがソフトバンクが900MHzを獲得するか否か。 ソフトバンクはこの周波数帯を「プラチナバンド」と呼び、獲得に意欲を見せています。どのくらい意欲的かと言えば、獲得前にも関わらず基地局の敷設に着手しているぐらいです。確かに900MHzをソフトバンクが獲得すれば、今よりは通信環境は良くなる事は期待できます。ではそれはいつからなのか?

答えは「2012年の7月から」

ユーザーが実際に900MHzの恩恵を受けるのは、おそらく1年以上先の話になるでしょう。したがって今後1年間はソフトバンクの通信環境は悪くなりこそすれ、劇的に良くなる事は無いとも言えます。現時点において900MHzの存在は、ソフトバンクを選択する際のメリットとしてはカウント出来ないというわけです。


au版iPhoneの通信品質は?

iPhone 4Sの密かなサプライズは、CDMAの2.1GHz帯をサポートしているという点です。Verizon向けiPhone 4はCDMA 800MHzと1.9GHzのサポートだった為にauの2GHz帯では使えなかったのですが、今回の仕様変更によりauは晴れて2GHzを使えるようになったのです。新800MHzは5MHzという狭いバンド幅で運用されている為、今回の仕様変更はauにとってプラスに働くでしょう。auは当然データトラフィックの主戦場を2GHzを移す事になるわけですが、ここで心配な事が。

auの2GHzについては、基地局数がまだまだ少なく不安が残ります。(9月3日の時点で13,780ヶ所。)1年後2年後はどうなるか分かりませんが、現時点でのauのネットワークでのiPhone 4Sの運用については個人的には疑問を感じます。ここはauからなんらかのアナウンスが欲しい所です。
またauの「WIN HIGH SPEED」(EV-DO Rev.Bの仕様の一部を利用した規格)はiPhone 4Sではサポートされておらず、EV-DO Rev.A(下り3.1Mbps)のみ。規格上の通信速度の比較でいけば、ソフトバンクのHSDPA(7.2Mbps)よりも劣る事になります。

実際はiPhoneユーザーを含む同一周波数帯を利用する端末がどのくらい増えるかによると思いますが、「ソフトバンクは電波が悪いからauに行こうぜ」というのは必ずしも真ではないと言えるのではないでしょうか。


悩むのもまた楽し

iPhone 4Sは10月14日から発売が開始されます。予約開始の日時から考えるとあまり日がありません。この短期間でこれらの悩みを自分なりに解決する必要があるわけですが、私はこうやって物を買う前に思い悩む事がキライではありません。むしろ一番楽しい時間じゃないかとさえ思っています。

皆さんも思う存分悩んで、この幸せな時間を楽しんで下さい。



参考サイト:携帯・PHS関連@Wiki さん


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...