金属アレルギー 看護師 求人 大阪

バッテリー問題を修正したiOS5.0.1βのリリースで、Appleらしさを取り戻せるか

iphone_20111103082532.jpg

これは朗報ですね。

Apple Insiderによると、Appleは開発者向けに特定のiOS5ユーザーでバッテリーが著しく消耗する問題を修正する為のアップデートとなるiOS5.0.1β(開発者向け)をリリースしました。


アップデートの内容は以下の通り。

・バッテリー消耗に関するバグの修正
・iPad向けに新たなマルチタスクジェスチャーの追加
・オーストラリアユーザーで起こっていた音声通話のバグの修正
・ドキュメントのクラウド上での同期時のバグの修正
・セキュリティ問題の修正


iPhone 4S及びiOS5がリリースされて以来、iCloudやSiriといった目新しい技術に驚かされる一方で、我々ユーザーはバッテリーの減りの速さに悩まされていました。

カタログスペックで言えばiPhone 4SはiPhone 4とほとんど変わらないはずが(待ち受け時間のみiPhone 4Sの方が少ないが)並べて使ってみてもその差は歴然。仕方なく色んな機能をOFFにしていましたが、なんだかWindowsの最初の儀式をしているようで「Appleらしくないよなぁ」と感じていました。


やっぱりApple製品はあるがままで使いたい

Apple自身もこの問題を早くから認識しており、様々なヒアリング調査を行っていたようです。バグの存在は褒められた物ではありませんが、iPhone 4S(及びiOS5)のリリースからわずか2週間でβバージョンとはいえFixのアップデートを用意してきた事は素直に評価したいところです。

魅力的な新機能がつまったiOS5だから、バッテリーを気にせず思う存分楽しみたい。今回のアップデートでそれが叶う事を願っています。


 


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...