金属アレルギー 看護師 求人 大阪

アプリ開発者を悩ませる、App Storeの「2つのアキレス腱」

iphone_20120104230611.jpg

iPhoneを積極的に選ぶ理由の一つに、豊富で質の高いアプリケーションがまず挙げられます。

私がiPhone 3Gを購入した当初から比べると、iPhoneのネイティブアプリは格段の進化を遂げました。 また 現在のApp Storeは実に様々なアプリが並び「iPhoneで出来ない事はもう無いんじゃないか」とすら錯覚させてしまう程の充実ぶり。

しかしこの恵まれていると言える環境も、あくまでもユーザーから見た場合のお話。アプリ開発者にとっては、いささか状況が違うようです。


ユーザーレビュー機能の陳腐化

12_20120104231207.png


AppleのApp Storeを訪れると、各アプリにはユーザーのレビューコメントと5段階評価を実施しています。 マーケット提供者やアプリ開発者からの恣意的な評価・ランキングを避ける為に取り入れられたこのアカウント毎の ユーザーレビューは、一見公平性が保たれている ような印象を受けます。

しかし現実は厳しい。ユーザーにとってもアプリ開発者にとっても厳し過ぎると言わざるを得ません。

App Storeを一度でも利用した事がある方ならお分かりになると思いますが、数少ない有益な情報が見るに値しない罵詈雑言のコメントや雑談に埋もれて本来のレビュー機能を果たしていません。事実、私も最近はApp Storeのレビューは殆ど目を通さなくなりました。これはユーザーのみならず、アプリ開発者にとっても機会損失という煽りを受ける不幸な現実です。

無秩序なユーザーレビューの跋扈は、何もApp Storeに限った事ではありませんが、ネットショッピングサイトの最大手であるAmazonではレビューワー自体を評価する項目を設けて、レビュー機能の質を高める努力をしています。この点において指摘され続けてきたにも関わらず、それを放置してきたAppleは怠惰であると言わざるを得ないでしょう。

この現状は、アプリに関する良質な情報を提供し続けるアプリレビューサイトの存在の重要性が日増しに高まっているとも言えますが、当然の事ながら全てのアプリを紹介しているわけではない点や、紹介するアプリがやや玄人好みである点を 考えると、純粋な一ユーザーからのレビューには一定の価値があると、私は考えます。

iOSユーザー数や登録アプリ数が爆発的に増えつつある今こそ、レビュー投稿時のルール決めや意味の無いレビューに対する一定の抑止力を取り込んだ抜本的なシステムの見直しが、App Storeには求められているのではないでしょうか。


「優れたアーティストは模倣ではなく盗む」

iOSのバージョンアップする度に追加される新機能は私達ユーザーを楽しませてくれますが、時としてそれはアプリ開発者を不幸に陥れる事があります。

iOS5にて大きく変更されたカレンダーアプリですが、そのデザインが既にApp Storeに登録されていたサードパーティー製アプリである Week Calender HDとあまりに酷似していると話題になった事がありました。

Week Calendre HD
Week Calendar HD_iPad02_cs1e1_480x


iOS5のカレンダーアプリ
Week Calendar HD_iPad01_cs1e1_480x

ご丁寧にこのアプリはiOS5のリリース直後に削除されており、「Appleがサードパーティーからアイデアを盗んだ!」という騒ぎが起きた事は記憶に新しいところです。

Week Calendar HDがApp Storeから消えた!?


またiOS5の目玉機能であるiTunesのWi-Fi同期は、以前にApp Storeに提出されていた「Wi-Fi Sync」のアイデアをそのまま流用したであろう事が、アプリ開発者により告発されています。

iOS 5のWi-Fi SyncはApp Storeで却下されたアプリそっくり


一部では「子供食い」とさえ揶揄される一連のAppleの姿勢についてiDownloadBlogは、上記以外のAppleのアイデア盗作疑惑に触れた上で「Appleの盗作癖は結果的にApp Storeを殺す事になる」と痛烈に批判しています。これらの行為は、Appleとアプリ開発者の間に取り決められた契約上には織り込み済みであり、法的な責任は負わないと言えますが、商売道徳上はどうでしょうか?

アプリプラットフォーマーという強権を振りかざし開発者を蔑にするような事が続けば、有能で利口な開発者から順にいなくなる事は明白。優れたアイデアがiPhoneユーザーに等しく提供されるのは意義ある事だとは思いますが、それで得た利益の一部をアイデア提供者に分配するようなシステムをApple自身が積極的に構築しない限りアプリ開発者とApple、そしてユーザーの3者の間に本来のあるべき関係を築く事は出来ないでしょう。

優れたアプリケーションとそれらを提供するアプリ開発者は、我々iPhoneユーザーにとって最大の財産です。今のiPhone人気は決してAppleだけで作り上げた物ではありません。もしAppleがそれを忘れてしまう時が来たならば、「二度目の敗北」をAppleが味わう日が来るかもしれません。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...