金属アレルギー 看護師 求人 大阪

便利なはずのスマートフォンに、ストレスを感じ始める人達

a0002_004054.jpg

携帯電話ショップの陳列されている商品のほとんどが、スマートフォンという時代がやってきました。

通話とメールのみの機能しかなかった携帯電話も、スマートフォン全盛の今ではネットサーフィンやGPSによるナビゲーション、カメラ機能とSNS、リマインダーや名刺管理、グループウェアやカレンダー機能によるスケジュール管理、果ては目覚まし時計やストップウォッチにまで活用されています。

深く人々の暮らしに関わり始めた今、スマートフォン無しでは生活出来ないという人も多いのでなないでしょうか?

しかし便利になったなぁと感じる人がいる一方で、このスマートフォンに対してストレスを感じ始める人達が少しずつではありますが増えてきているようなんです。


ある種の強迫観念

イギリスの心理学協会は、スマートフォンの普及に伴い一部の人達にストレスが原因と思われるある症状が現れるようになったという調査結果を報告しています。

その症状とは、ファントムバイブレーション・シンドローム(幻想振動症候群)という物です。これは一種の精神疾患で、携帯電話およびスマートフォンが着信していないにも関わらず、着信音が聞こえたり振動を感じてしまうという症状が報告されています。

Wikipedia:幻想振動症候群


実は私もこの症状は経験があります。10数年前、電子メールで仕事上の要件をやりとりする事がそれほど一般的ではなかった(少なくとも私の勤めていた業界では)時代は、全ての用事が携帯電話にかかってきていました。それほど大事ではない問い合わせもあれば、極めて重要な種類の物も全てが直接携帯電話に。

これが昼も夜も、平日も休日ものべつまくなしにかかってくるという状態が長く続いていたのですが、ある日を境に私の耳は鳴ってもいない携帯電話の着信音が聞こえるようになっていました。

今となって思えば、電話を取りのがしてはいけないと思う強迫観念がストレスとなりこの症状を産んでいたと予想されますが、当時の私はそんな症状がある事すら知らず、本来の電話に加えて偽りの着信音にも反応している内に、更にストレスは増えていくという悪循環。

配置転換によりこういった電話も無くなってからは、症状はピタッととまりストレスを感じる事もなくなりました。

私のケースは従来の携帯電話での通話着信のみですが、昨今のスマートフォンではそれに加えてMMSやGmailといったメールサービス、TwitterやFaceBookといったSNS、リマインダーやカレンダーといったToDoアプリ等の様々な通知が昼夜問わずやってくる為、同様の症状が発生する確率が高くなっているのだと思われます。


情報のハブ化に伴うリスク

このように電話やメールだけでなく様々なサービスと連携するスマートフォンの依存度が高まる事により、一種の緊張状態が外出先や時間帯を問わず継続する事にストレスを覚える人が現れてきたのは、当然の流れなのかもしれません。

また極度の依存により睡眠障害が発生したり、前方不注意による事故が多発したりと「スマートフォンの情報のハブ化」に伴う弊害が私達の生活の中で見え隠れしてきました。

こんなに危険!「ながらスマホ」に潜むリスク


この問題に対する有効な手立てを、我々は未だ確立していません。手の平の小さなデバイスに様々な情報を集積し処理するという行為を始めた歴史が浅いからです。

そしてその傾向は日増しに加速しており、利用人口も増加の一途を辿っている事を鑑みれば、「スマートフォンの利用を一切停止する」といった根本的な対処方法を選択する事が難しくなってきているという実情が窺えます。(私の場合も仕事の都合上、携帯電話の利用を停止する事はできませんでした。)

現在この症状は専門的に扱う医療期間は存在しませんが、近い将来に「スマートフォン診療科」なる物が登場するかもしれませんね。冗談ではなく。

(via:Telegraph)

だいたい宗教か

他の人が持っているから 流行っているからって自分も持ってないと時代遅れになって取り残されると言う強迫観念にかられて持ってるだけだろうがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

だいたい精神病じゃね~かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

精神病院行けwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2013.11.19 18:49 携帯電話必要無し #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...