金属アレルギー 看護師 求人 大阪

Androidアプリが重いって? それってmicroSDのせいかもね

iphone_20120218175327.jpg

確かにこの分野って議論される事が少ないですよね。でも大事な事かも。

Usenixは、iPhone以外のスマートフォンにおいて、microSDの品質がアプリのパフォーマンスにどのような影響を与えるかの調査結果を公表しました。


static.usenix.org(pdfが開きます)

知らない方にご説明しますと、iPhone以外のスマートフォン、特にAndroidにおいては本体のストレージ容量が少ない事が多く、microSDにアプリのデータの一部を置く事で本体のストレージ容量を節約しています。メーカーによっては、Androidスマートフォンを購入すると無償でmicroSDを提供しているケースもあるようです。

さて、その調査結果によると、microSDの品質によりアプリのパフォーマンスが100~300%、劣悪な製品になると2,000%も落ちる事が分かったそうです。これは穏やかではありません。

iphone_20120218175343.jpg


これはローコスト帯のmicroSDの技術が現在のAndroidやBlackBerryといったスマートフォンOSの要求に対して全く追いつけておらず、繰り返されるランダムアクセスに対応するリード/ライドを満たす製品が少ないからだとUsenixは述べています。

各メーカーのmicroSDの「実質的な」性能を調査したところ、カタログスペックにまるで満たない製品が散見されたその一方で、無名のメーカーが高いベンチマークスコアを叩き出したりと、かなりカオスな中身になっているそうです。

そんな中ダントツで低いベンチマークスコアを出したのが、キング◯トン製。ワゴンでよく見かけるアイツです。画像やドキュメントファイルの置き場としては問題無いのでしょうが、アプリのデータの一部をmicroSDに保存するAndroidスマートフォンにはあまり適していないようです。


2GBで300円のmicroSDは、今すぐ窓から投げ捨てろ

Androidスマートフォンをご利用の方は、携帯キャリアやCPUのクロック数へのこだわりも必要ですが、まずmicroSDを良い物に変える事が快適なスマートフォンライフへの近道のようですよ。ぜひ一度チェックしてみて下さい。

あ、iPhoneユーザーの方はそのまま使ってもらって結構です。

(via:Phandroid)


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...