金属アレルギー 看護師 求人 大阪

Mac miniを移植して現代に蘇ったApple IIc の高いデザイン性

iphone_20120304123053.jpg

こういうデザインを、人は機能美と呼ぶのでしょうか。

G4 Mac miniを丸ごとApple IIcの筐体に移植した強者が、Flickrでその様子を紹介しています。


1984年にリリースされたApple IIcは当時の価格で1,300ドルでしたが、初年で40万台が発売されるほど人気機種でした。

iphone_20120304123152.jpg
(photo:The Vintage Mac Museum)

スペック自体はCPUは1.4MHz(Apple IIシリーズでは最速)、RAM容量は初実装で128KBでストレージも143KBと今のMacとは比べるべくもありませんが、そのデザインから今も多くのファンがいるようで、オークションに出品されると結構な金額で取引されるようです。


今回はそのApple IIc にPowerPC G4時代のMac miniを移植してしまおうという試み。

フロッピーではなくCD-ROMドライブを換装。

iphone_20120304123102.jpg



光学マウスはMac miniのUSBポートを介してApple IIcの9ピンポートに接続されています。

iphone_20120304123114.jpg



当時のモノクロディスプレイを再現している所もまた渋い。

iphone_20120304123122.jpg



他にも制作中の写真がFlickrに多数アップされています。

Apple IIc Mac (Flickr)



Mac部屋を作りたくなる出来栄え

現行のiMacも洗練された素晴らしいデザインですが、コレはコレでグッときますね。

中身はG4 Macなので最新のソフトこそ使えませんが、普段使いには十分なスペック。1台欲しいなぁ。

(via:Cult of Mac)


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...