金属アレルギー 看護師 求人 大阪

「新しいiPad」でチラ見せした、Appleのツンデレぶり

iphone_20120308220217.jpg
(photo:Engadget)

Appleは3月8日に最新のiPadを発表しました。

Apple、新しいiPadを発表


解像度が4倍になったにも関わらずバッテリー持続時間はiPad 2と同じであったり、新たにLTEをサポートしていたりと興味深い進化を遂げていますが、人々がまず驚いたのはそこではありませんでした。

それは何を隠そう、New iPad (新しいiPad) という製品名称です。


従来iPhoneやiPadは末尾にその世代独自のナンバリングが施されており、当初はiPad 3という名称が予想されていました。(一部ではiPad HDという予想もあったようですが)

今回AppleがiOS製品では初めて固有のナンバリングを辞めた事に、各メディアは過剰とも言える反応を示しています。

新型iPad、市場は冷静 米メディアは失望の声も


この件についてWall Street Journalの記者がAppleの真意を質問したところ、上級副社長であるフィル・シラーは次のようにだけ答えたそうです。

「We don't want to predictable」

(我々は予定調和になりたくない)




Appleはツンデレ?

今回に限らず、Appleは今までのiOSデバイスの命名についても(はたから見れば)かなりトリッキーでした。


「iPhone 3Gの次だからiPhone 4Gだろう」

iPhone 3GS 発売



「今度こそiPhone 4Gに決まってる」
「いや、iPhone 4GSかもしれんぞ」

iPhone 4 発売



「iTabletじゃね?」
「違う違う。iSlateらしいよ」

iPad 発売



「iPhone 4の次は当然iPhone 5だよね」

iPhone 4S 発売



事前の予測がまともに当たったのはiPad 2ぐらいです。他は見事に外れています。

これを最大限に好意的に受け止めれば、あえて規則性を乱す事で予定調和に陥らずに新鮮な印象を与える事を狙っているという事でしょうか。(私には市場の予測をあえて外す事を楽しんでいるように思えてならないのですが。)

そもそも今回のiPadにしても、厳密に言えばiPodやMacBookは製品名称でナンバリングする事も無かったわけですから、Appleにしてみれば「他の製品に合わせたんですが、何か?」という心境かもしれません。


しかしここで一つ困った問題が。今回のiPadの発表で俄然難しくなってきたのが、次期iPhoneの名称。「次こそはiPhone 5だ」と誰しも思っていた矢先の今回の発表。

Appleちゃんのツンデレぶりに振り回される日々は、当分の間続きそうです。

(via:Wall Street Journal)


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...