金属アレルギー 看護師 求人 大阪

好調なAppleの恩恵を受ける、意外な企業・業界

medium_6358946399_convert_20120310103654.jpg
photo credit: Johan Larsson via photopin cc

2008年にiPhone 3Gをリリースした事を皮切りに、Appleは驚異的な成長を続けています。

Microsoftやサムスンといったライバル企業はもちろん、我々にとって意外な企業・業界もこのAppleの成長に大きな影響を受けているようなのです。



一部の半導体関連メーカー

iphone_20120307091944.jpg

2011年度のジャイロスコープ市場全体の売上は、前年に比べ66%増と驚異的な伸びをみせています。

この売上高の約半分はiPhone 4Sに搭載された3軸ジャイロスコープであると言われており、今後iPhoneのシェアが順調に拡大すればそれに応じてジャイロスコープ市場全体の嵩上げになると見られています。


またiPhoneやiPadの中小型ディスプレイを製作するLGディスプレイも同様にAppleの好調さの恩恵を受ける企業の一つです。

2006年の発足時には四半期で100万に満たなかった出荷台数は今や2,000万ユニットを超えており、LGディスプレイが製造する中小型ディスプレイの60%がApple向けであるとされています。同じ理由で先日発売された新しいiPadのRetina Displayを供給していると見られるシャープにも一定の恩恵があると思われます。(シャープに関しては本業が思わしくないようですが)


いずれのパターンもApple一社に依存し過ぎているという点ではリスキーではありますが、現時点でAppleの好調さの恩恵を直接的に受けている業界である事は間違いないようです。



Twitter

iphone_20120307091917.jpg

今日のソーシャネルネットワーク全盛時代において、Appleと最も緊密に連携をとっているのがTwitter社です。iOS5ではSNSでは初めて公式に採用された事もあり、その後も順調にアカウント数を伸ばしています。

Facebookとはサービスの設計思想の違いもある為にアカウント数やトラフィック量で単純に比較する事は出来ませんが、伸びゆくiOSデバイス市場においてTwitter社は最も恩恵を受けているSNSである事もまた事実のようです。



株主

iphone_20120307091850.jpg

ここ数年のAppleの最大のトピックは、iPhoneの販売台数やSafariのシェアの拡大ではなく株価のゲインです。

近年の株価の高騰に伴い、Appleの時価総額は間もなく40兆円(!)に達する見込みです。Microsoftを抜き去ったばかりか、東芝や日立といった日本の大手電機メーカー8社の3倍に至るというのですから驚く他ありません。

そして市場は、Appleにはまだまだ伸びしろがあると感じてか安定した伸びをみせており、デイトレードにこそ向かないものの安定的な投資対象といった新たな側面を見せ始めています。

また先日行われた株主総会においてCEOのティム・クック氏が「経営にとって必要な資金は確保できた」として15年ぶりとなる株主への配当の再開を示唆しており、株主にとってますます魅力的な投資対象になる可能性が出てきました。

創業者の一人であるスティーブ・ウォズニアックは「Appleは将来的には時価総額が1兆ドルに達するだろう」とも述べており、Appleは当面の間は経済界においても台風の目であり続けるのでしょう。



Appleブロガー

iphone_20120307091901.jpg

iPhoneやiPadの世間での認知度が高まるにつれ、Appleの製品やサービスを中心とするブログも大変な盛り上がりをみせています。

特にiPhone発売前からApple関連の記事を書いていたブログにおいては、2008年を契機にPVが大きく増加したであろう事は想像に難くありません。

私もこのブログを始めて間もなく2年になりますが、有難い事に日毎にアクセスされる方の数が増えてきております。

特にGoogleやYahooといった検索サイト経由の訪問はApple関連のキーワードが増加傾向にあり、世間でのApple製品の人気の高まりがブログサイトのトラフィックに直結している事を一ブロガーとして実感しています。



間接的な雇用の創出がカギか

アメリカでは今、時価総額でトップとなったAppleに対して「雇用創出に消極的だ」という意見が出ているそうです。

確かにApple本体やAppleストアといった直接的な雇用においては企業規模に見合う雇用とは言い難いのですが、上記で述べたように取引企業や関連サービスにおける間接的な雇用の創出という意味では大きな成果を上げつつあるのではないかと、私は思うのです。

今やアメリカ経済を担う立場だけでなく、様々な業界の雇用に対しても社会的責任を問われるようになったApple。スマートフォン周りに限らず、様々な分野が今後Appleを中心に回っていくのでしょうね。

(via:TUAW)


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...