金属アレルギー 看護師 求人 大阪

Appleがイタリアで1億円の罰金を課せられた訳

iphone_20120403065824.jpg

Appleとしては「なぜ今更?」という印象かもしれません。

Vergeはイタリアの反トラスト局が、Appleに対して合計90万ユーロ(日本円で約1億円)の罰則金を課した事を伝えています。


これはAppleが自社製品の保証を2年目からApple Careとして有料で提供している事に端を発しています。イタリアでは工業製品のメーカー保証は法律で2年間と義務付けられており、これに抵触しているというのが当局の意見のようです。

Appleはこの司法判断を受け、90日以内にイタリア向けのWebサイトにて保証期間の変更の通知を記載する事に合意したとの事。



Appleもローカルルールからは逃れられない

今や世界一お金持ちになったAppleにとって今回の罰則金自体が会社経営に大きなダメージを与えるほどの物ではないと思われますが、同じEU加盟国であるイギリスやオランダも工業製品の保証期間を2年と定めており、今回の判例の影響がEUを中心に他の国へと広がっていく事が予想されます。

また台湾のApp Storeでは、独自に7日間のクーリングオフ期間が設けられており、各国独自のローカルルールはAppleでも存在するようです。

 台北市当局がアプリの試用期間の延長を要求 AppleとGoogleはどう応えた?

我々が知らないその国独自のAppleルールは、他にもたくさん存在するのでしょうね。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...