金属アレルギー 看護師 求人 大阪

世界中の個性的なApple store16店舗を、30秒で巡ってみよう

medium_1357058510_convert_20120410230958.jpg
photo credit: .:fotomaf:. via photopin cc

Apple storeは好きですか?

私はスタッフの、あの付かず離れずの絶妙な距離感が好きで、用も無いのに頻繁に訪れています。(結局何かを買ってしまってるのですが)

Apple Gazetteに「世界の信じられないAppleストア15」という世界各国のApple storeについての記事があったので、私なりの補足を交えてご紹介したいと思います。


アムステルダム店

fc2blog_20120410183406f26.jpg



fc2blog_20120410183400aa2.jpg



オランダ唯一のAppleストアであるアムステルダム店は今年の3月にオープンしたばかり。約3,000m2に及ぶ広大なフロアには14ヶ国語を駆使するスタッフが300人常駐しており、20mに及ぶGenius BarカウンターはAppleストア最長なんだとか。




北京:三里屯店

fc2blog_2012041018335414b.jpg



fc2blog_201204101833409dc.jpg



巨大ショッピングセンター内でもリンゴマークを一際眩く光らせているのが、Appleストア 北京:三里屯店です。

休日は内陸部からのお客さんも多く、店内はいつも混雑しているようです。またここはiPhone 4の発売時にはダフ屋とストアスタッフとの間で殴り合いが発生したり、iPhone 4S発売時には長時間並んで購入出来なかったファンに生卵を投げつけられたりと災難が絶えないストアとしても有名です。




ボストン店

fc2blog_20120410183325568.jpg



fc2blog_201204101833196c0.jpg



アメリカのApple storeでも指折りの売り場面積を誇るボストン店の特徴は、何といってもガラスプレートで作られた大きな天窓。周りは芝生が敷き詰められ、周りの建物と比べても一際目立っているのが分かります。




シカゴ:リンカーンパーク店

fc2blog_20120410183313dcf.jpg



fc2blog_201204101833074cf.jpg



Appleストアでは珍しく完全自立型店舗の同店は、巨大なスチールのトンネルの様な構造となっています。




上海店

fc2blog_20120410183300a8c.jpg



fc2blog_20120410183253a8c.jpg



fc2blog_20120410183246c34.jpg



5thアベニュー店と同様のガラスキューブがストアの中央に鎮座し、建物の1階と2階を貫いています。ただ厳かなオブジェと裏腹に、売り場面積はそれほど広くはないようです。




香港:IFCモール店

fc2blog_20120410183236476.jpg



fc2blog_2012041018322962c.jpg



道路を跨ぐ様な形で作られた、Appleストアの中でも特に珍しい建物です。2階(地上部から見れば3階)にはキッズスペースが設けられ、ショッピングモールに来た家族連れをスムーズに誘導します。




ロンドン:コベントガーデン店

fc2blog_201204101832149b9.jpg



fc2blog_201204101832033ac.jpg



古くからあるロンドンの建物をそのまま利用して作られたのが、この店舗の特徴です。

ヨーロッパでは特に、周りの景観を壊さない様に自治体から求められる事が多いのでしょうね。




ロンドン:リージェントストリート店

fc2blog_20120410183156ff8.jpg



fc2blog_20120410183148112.jpg



Appleストアの特徴の一つであるガラス製の階段を始めて採用したのが、このリージェントストリート店です。

世界で一番早く新しいiPadを求めて行列が出来たのも、ここのAppleストアでしたね。

新しいiPadを求めて、Appleストアには早くも行列が ガジェットさん家




ニューヨーク:5thアベニュー店

fc2blog_201204101831367b3.jpg



fc2blog_20120410183128fbe.jpg



Appleストアの旗艦店とも言うべき存在の5thアベニュー店は昨年リニューアルされ、特徴的なガラスキューブの建造物はニュースサイトの見出し画像でもよく目にします。

Apple関連の様々なセレモニーが行われる事も多く、また24時間年中無休でいつ行っても開いているので、ニューヨークに来たら一度は覗いてみたいストアです。




ニューヨーク:グランドセントラル駅店

fc2blog_20120410183120d5d.jpg



fc2blog_201204101831131c4.jpg



世界最大の規模を誇るAppleストア グランドセントラル駅店は、2011年の12月にオープンした究極の「駅ナカ」Appleストアです。

1913年に建造されたグランドセントラル駅は大理石が贅沢に使用され、中央コンコースの天井部には星座のランプが散りばめられたりと豪華な作り。

また駅ナカのストアらしく、朝夕には15分間のエクスプレスワークショップ(通常は1時間)が用意されており、通勤客が利用しやすいサービスも展開されています。




ニューヨーク:アッパー・ウェストサイド店

fc2blog_201204101831052ce.jpg



fc2blog_20120410183058418.jpg



建物の前面及び天井部がガラスプレートで構成されており、11mという室内の高さも合わさって開放的な雰囲気を演出しています。




ニューヨーク:ウェスト14thストリート店

fc2blog_20120410183046032.jpg



fc2blog_20120410183031570.jpg



他のAppleストアと比べてやや無骨に見えるのがこの店舗。 これは精肉工場の多い地区という事を考慮して、建物外観を周りの倉庫と調和させた為と言われています。




パリ:カルーセル・デュ・ルーブル店

fc2blog_20120410183022e7d.jpg



fc2blog_2012041018301438f.jpg



フランスで初めてオープンしたAppleストアは、かのルーブル美術館内の地下に店舗を構えています。アトリエスペースではiPhoneやiPadによる絵画教室が開催されており、さすが世界のルーブルといった感じですね。

ちなみにMicrosoftも同じ場所でWindowsカフェを期間限定でオープンしていたんだとか。




パリ:オペラ店

fc2blog_201204101830055de.jpg



fc2blog_20120410182956633.jpg



なんだか舞踏会でも開催されそうな雰囲気ですね。上記のリージェント・ストリート店等と同じく、既存の古い建物をうまく利用した構造となっています。




シドニー店

fc2blog_201204101829479e7.jpg



fc2blog_2012041018293670e.jpg



オーストラリア唯一のAppleストアであるシドニー店は、総面積4,300m2を誇る3階建ての巨大なストアです。オープニング時には3,000人ものファンが訪れたそうで、今でもオーストラリアのAppleファンで賑わっています。




日本:心斎橋店

photo_shinsaibashi.jpg



大阪市内の大動脈である御堂筋沿いに、Appleストア 心斎橋店はあります。

近くに若者向けのカフェやセレクトショップが多い事もあって店内はいつも若い人を中心に混み合っていますが、店内はゆったりしたスペースがあるのでそれほど混雑を気にせずショッピングを楽しむ事が出来ます。

なおこの店舗の付近は路上喫煙禁止区域に設定されている為、タバコをポイ捨てすると罰金が課せられます。愛煙家の方はご注意を。




いかがでしたか?

各店舗それぞれに特徴があり個性的でありながら、どれも一目見てAppleストアだと分かるデザイン性には感心させられます。

個人的にはグランドセントラル駅店に強く惹かれました。機会があれば行ってみたいなぁ。


管理者にだけ表示を許可する

photocredit:.:fotomaf:.viaphotopinccApplestoreは好きですか?私はスタッフの、あの付かず離れずの絶妙な距離感が好きで、用も無いのに頻繁に訪れています。(結局何かを買ってしまという世界各国のApplestoreについての記事があったので、私なりの補足を交えてご紹介し?...

2012.04.10 23:51 まとめwoネタ速suru



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...