金属アレルギー 看護師 求人 大阪

「iPhone × PayPal Here」でスモールビジネスは加速する

PaypalHere_convert_20120511231233.jpg

流通・小売業の在り方を根本から変えるかもしれません。

SoftBankは、アメリカのデジタル決済システム大手のPayPalと合弁会社設立に向けて合意し、iPhoneを初めとするスマートフォンでクレジット決済を行うサービス「PayPal Here」を提供する事を発表しました。

ソフトバンクとペイパルが合弁会社を設立 | ソフトバンク株式会社

PayPalアカウントだけでなくVISAやMasterといったクレジットカードの決済もiPhoneと専用のカードリーダーで受付出来るこのサービスは、小売業を中心とするスモールビジネスに携わるプレイヤーに大きな変革をもたらす可能性に満ちています。




圧倒的な低コスト

cyokinbako1_1_convert_20120511231150.jpg

小売店が従来形式のクレジット決済を行うに当たって準備すべき物が2つあります。それはカードリーダーと有線の通信回線です。

カードリーダーの設置はその端末のグレードにもよりますが、概ね4~5万円程度の費用がかかります。またクレジット会社のサーバーとの認証・同期に電話回線もしくはインターネット回線を必要とします。従業員数が少なく売上金額も(現時点において)限定的な小売店にとってこれらのイニシャルコスト、ランニングコストは決して安い金額とは言えません。

一方でiPhone × PayPal Here では基本的にはオーナーの携帯電話をSoftBankのiPhoneに変更するだけ。PayPal Hereのカードリーダーもたったの1,200円で月額費用も必要なし。ランニングコストもiPhoneのパケット使用料内で完結しますので、一般的な携帯電話(スマートフォン)の使い方をしている場合は費用がほぼ0円で店舗でのクレジット決済を開始する事が出来るわけです。



ロケーションフリー

medium_5743706952_convert_20120511231627.jpg
photo credit: pynomoscato via photo pin cc

先程も述べたように、従来のクレジット決済方式では有線の通信環境が必要とされてきました。つまり有線回線を敷設出来ない店舗は必然的にクレジット決済を行う事が出来ませんでした。

しかしこのPayPal Here は決済場所を選びません。屋外はもちろん、イベント会場や顧客訪問先でもササッと決済が可能。活用の場は業種の数だけ無限に広がります。



即日入金

cashflow_5913014568_convert_20120511232645.jpg

個人飲食店や小売店の中には、クレジット決済に否定的なオーナーも存在します。色々と理由はあるのでしょうが、最も大きな物として挙げられるのが入金の遅さです。

提携する企業のサービスにもよりますが、中には店舗決済から入金まで最長で3ヶ月かかるケースも。潤沢な運転資金のある大企業と違ってこのタイムラグは痛い。

その点PayPal Here では、PayPalアカウントに登録された銀行口座に即日入金されるので新たな運転資金を用意する心配も無し。これは中小企業にとって心強い制度です。



「日本初!iPhoneでクレジット決済」というインパクト

fc2blog_2012051123463891c.jpg

iPhoneをクレジットカードリーダー代りに使うシステムは、海外では既に始まっています。以前記事にもしたのですが、SQUAREという企業が金融機関と提携して小売店での決済ソリューションをリリースしています。

SQUAREのiPhone用カードリーダーは小売店の常識を変える ガジェットさん家

アメリカではリリース直後から大きな反響を呼び、私も「これが日本に来たらエラい事になるぞ・・・」と思っていたのですが、金融期間も携帯キャリアも口を開けて眺めるだけで日本へ導入は遅々として進みませんでした。

そこに今回のSoftBankとPayPalの合弁会社設立は、国内の流通業に強い衝撃を与えた事は周知の通り。「国内初」という謳い文句は、システムの導入が早ければ早いほど、顧客に与えるインパクトも強い物になるでしょう。



ただ、いい事づくめに見えるiPhone × PayPal Here も、少し心配な面があります。

1. 使用可否は完全に電波環境に依存している

SoftBankの3G回線を使用して決済を行う本システムは、当然ながら使用可否はSoftBankの電波エリアに依存します。つまりビルの地下にある小売店や移動式の店舗において利用が大きく制限される可能性があるという事です。

特に後者のケースのような、個人タクシーであったりロバのパン屋さん形式の移動販売形式の店舗においては、エリアによってはクレジット決済が不可となるケースは折り込んでおく必要がありそうです。


2. セキュリティの保持

決済情報の認証・同期する手段を無線通信に委ねた時、最も心配されるのが安全性の確保についてでしょう。仮に使用可能回線にWi-Fiを含むのであれば、店舗オーナーはなりすましWi-Fiスポット(Evil Twin)の危険性を熟知する必要があります。

またiPhoneを紛失した際に、一部のユーザー(メールによるレシートの取得を許可した場合)のクレジットカード情報が閲覧出来る為に、ユーザー側にとっても大きなリスクとなります。

この2つのリスクについては、SoftBank及びPayPal社はその対策を強くアナウンスする必要があるのではないかと思われます。



店舗オーナーは、今すぐPayPalアカウントを取得すべきだ

小売店にとって売上を確保する為に遵守すべき物の一つに機会損失を減らす事が挙げられます。この機会損失は買い物に来たのに欠品で物がなかったという状況の他に、決済手段がマッチしなかったという物も含まれます。

リリース直後の為にまだまだ不明な点も多いのですが、このiPhone × PayPal Here というシステムは、飲食店や小売店にとって今まで逃してきた顧客を取り込む大きな武器になる可能性を秘めていると私は思います。

iPhone以外でもAndroidスマートフォンも同様にカードリーダーと対応アプリを準備中との事なので、店舗オーナーの方は今すぐにでもPayPalアカウントを取得し、サービス提供に備える事をオススメいたします。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...