金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iOSのキーボードに、アクセシビリティという愛を

fc2blog_20120624195743c49.jpg

目の不自由な方にとって、iPhoneとはどのような存在なのでしょうか?


実際にiPhoneを所有する視覚障がい者の方は少なくないようですが、多くの機能にワクワクしていると同時に、どうしても不便に感じる事が一つだけあると言います。それはタッチパネルのキーボードの存在です。

視力の度合いにもよるようですが、一般的にハードキーを備えた入力デバイスとは違ってフラットなタッチパネルでのキーボード入力は物理的な反応な無いだけに難しいというのが共通した意見のようです。なるほど、中々難しい問題だ。

Fleksy社が開発中のキーボード入力アプリは、情報入力においてiPhone上でバリアフリーを実現するほどの可能性を秘めています。



まずは以下の動画をご覧下さい。


なんだこの不思議な入力方法は。


タイプされた文字列を適切な単語に変化して音声で通知するシステムである事は分かりますが、どういう仕組みになっているのでしょう?

Fleksy社は特許出願中である事を理由にこの入力システムの原理の説明を避けているので詳しい事は分かりませんが、何度もこの動画を見て、また実際に目隠ししてタイピングを試している内に、一つの仮説を思い付きました。

目をつぶってタイピングしてみるとよく分かるのですが、タイポのパターンとして目的のキーの隣を押してる場合が多い。「Y E S」→「U R S」といった具合に。タイピングした文字数の中で、周辺のキーボードも含めて意味のある単語を羅列し、前の文章から最適な単語を選んで音声入力で返す。こんな感じの仕組みかなぁ、と予想してみます。



「これはiOSにとっての新たな経験であり、アクセシビリティの大いなる飛躍だ」

現時点ではまだ開発中であり文面をコピー&ペーストするだけのスタンドアロン・アプリのようですが、この機能はぜひiOSやAndroidの拡張機能としてOS標準機能として取り込んで頂きたい。おそらくFleksy社もそのつもりで開発を続けているのでしょう。

iPhone 4Sに搭載された音声入力機能のSiriと合わせて使えば、視覚障がい者の情報入力に革命が起きると言っても過言ではないでしょう。早く実現して欲しいですね。

ウチのお袋も最近老眼が進んできて、メールのタイプミスが多くなってきたんで。

(via:TNW)



管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...