金属アレルギー 看護師 求人 大阪

【脱獄不要】神サービスか悪魔の罠か!? オンラインでiPhoneをアンロックするサービスが海外で人気

medium_4752349508_convert_20120829225641.jpg
photo credit: ヌンヌン via photo pin cc

日本国内で販売されているiPhoneにはキャリアロック(いわゆるSIMロック)が施されており、通常は契約キャリア以外のSIMカードでは利用する事はできません。アンロック(SIMフリー)する為には脱獄やドングルが必要となるわけですが、復元後は再びロックされたりiOSのアップデートがお預けになったりと苦労は耐えません。

そんなiPhoneアンロック界隈にキラ星のごとくあるサービスが誕生しました。

「脱獄不要」「ドングル不要」「工場への発送不要」で永続的にアンロックがキープ出来るというのですから、マジネタならスゴイ!

早速どんなサービスかチェックしてみましょう。



アメリカに拠点を構えるiPhone修理会社であるCellular Medicが始めたオンラインでのiPhoneのアンロック(いわゆるSIMフリー化)サービスを、iDownloadBlogがレポートしています。

How I factory unlocked my iPhone 4S in 10 minutes

サービスの概要は以下の通りです。

1. Cellular MedicのWebサイトでアンロックサービスを選択

2. Paypalで指定の料金を支払い、備考欄にiPhoneのIMEIを記入

3. メールでIMEIが相違無いかの確認の行う

4. 所定の時間、じっと待つ

5. アンロックの世界へようこそ!


アンロックサービスは所要時間約10分でアンロックが完了するインスタント(75ドル)と、24時間以内にアンロックする通常プラン(60ドル)の2種類。

iDownloadBlogのライターが実際に申し込んだ所、問題無くアンロックに成功したそうです。(以下の動画を参照)


本サービスの詳細を私なりに噛み砕いた上で考えられるメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

・オンラインで行えるので本体を遺失するリスクが無い

・手軽である

・料金もそれほど高くない(海外のアンロック機種を購入する事と比較して)

・復元後もアンロック状態を維持できる


デメリット

・他者にIMEIを晒すリスク

・次回のアップデートで対策されるかもしれない

・アンロックの仕組みがBlackBoxである

・失敗時の返金対応のリスク(成功確率は100%ではない)

・Appleのサポート対象外となる


非常に魅力的なサービスである一方で、個人的にはデメリットが気になります。特にアンロックの仕組みがよく分からない点とIMEIを渡す必要があるという点が引っかかる。ちょっと飛び込む勇気は無いかなぁ。

ちなみに現時点では北米・ヨーロッパ・韓国等の携帯キャリアのみがサポート対象であり、日本はサポート対象外。今後のサポート予定をメールで質問してみましたが、現時点で返信はありません。

メールの返信があり次第ご報告したいと思いますが、皆さんはこのサービスどう思いますか?

おはつです。
すげぇ!と思って、少しググると一年とちょっと前に同じようなことがあったようですね。やり方(業者とのやり取り、IMEIをわたす)も一緒なので、ほぼ間違いないのではないのでしょうか。失敗例はIMEIを間違えた(向こうか此方か、おそらく此方では?)のではないでしょうか。

2012.08.31 04:13 ありんこ #SFo5/nok URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...