金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhoneに仮想メモリを  iPhoneVM3を試す

iphonevm3.jpg

iPhoneに仮想メモリを作る脱獄アプリ「iPhoneVM(2)」がレポごと落ちて利用出来なくなっているようです。
それにとって変わるかの如く、新たな仮想メモリ作成アプリ「Virtual Memory」 通称:iPhoneVM3が巷に出回っているようです。早速試してみました。



「iPhoneに仮想メモリ?」「iPhoneVMって何よ?」という方は以前のエントリーを見てもらえれば分かるとおもいます。
iPhoneVM(2)を試す

また、あらかじめお伝えしますと、この脱獄アプリは現時点でCydiaからのリリースではなく、いわゆる野良アプリです。インストールする際はリスクを踏まえた上で自己責任でお願いします。
ではやってみましょう。
まずはファイル本体を入手しましょう。海外の脱獄関係のフォーラムを巡回していれば転がってるかと思います。
「探すのが面倒くさい」「忙しいのにそんな時間は無い」という方は、iPS4HACKさんが日本語バージョンをUPされています。
http://ips4hack.blog62.fc2.com/blog-category-2.html#entry342

入手した debファイルをインストールしてみます。debファイルのインストール方法は以前のこのエントリーを参照して下さい。
debファイルのインストール方法について


使用してみて、iPhoneVM(2)との相違点は

・仮想メモリの設定項目が無くなった
・メモリの空き容量が少し増えた(VM2の時はメモリ解放直後で70M前後だった)
・若干安定性が増した(ような気がする)

こんな所でしょうか。前のエントリーでも述べましたが、マルチタスクloverやSafariのタブをたくさん開く人にはいいかもしれません。
ただ、swap発生時の数秒間のフリーズは相変わらずで、私自身は使っててストレスがたまるな~という感想を持ちました。
iPhoneのメモリ管理において現時点では、Repeating Memory Freeを単独で使用するのが最も快適に使える方法だと勝手に結論付けときます。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...