金属アレルギー 看護師 求人 大阪

iPhoneで動きのある被写体を上手に撮るコツは「ボタン長押し」と「フォロースルー」にあった!

medium_8018557618_convert_20121014182155.jpg
photo credit: WarzauWynn via photopin cc

iPhoneを入手してから、デジカメの出番がめっきり減ってしまったガジェ男です、こんにちは。

iPhoneならいつでも持ち歩いていますし、何よりサッと撮れてそれなりにカッコ良く仕上がるのが気に入っています。

そんなiPhoneをカメラとして多用している人達に役立ちそうな「動きのある被写体を上手に撮るためのTips」をiDownloadBlogが紹介しています。



動きのある被写体を撮影する時にまず気を付けたいのが被写体との距離です。

被写体の動きが速い場合は少し距離を置く、逆に動きがそれほど速く無い場合は近付いた方がより迫力のある写真が撮れるようです。

fc2blog_201210141513363b7.jpg




被写体が近付いてきたらシャッターボタンを押したままレンズの中心に捉えます。この時被写体とiPhoneが平行になるよう心がけて下さい。

fc2blog_20121014151326008.jpg




レンズ内に被写体を捉えたまま速さに合わせてiPhoneを動かし、シャッターボタンを離します。ここで注意点が。

ボタンを離しても被写体をiPhoneで追うのを続けて下さい。いわゆるフォロースルーというヤツです。

fc2blog_20121014151317d3b.jpg




上記のTips通りにすると、こういった躍動感のある写真が。カッコいい・・・。

fc2blog_20121014151307a46.jpg




私も実際にやってみましたが、何度が試している内にコツがつかめてきて被写体に上手くピント合う感じに。

fc2blog_20121014152810690.jpg



最後にこの撮影方法の時は逆光を避ける事、そしてHDR機能はOFFにしておく事をオススメしておきます。みなさん、是非お試しを。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...